haro君の日記(カメラ)

はいこんばんは。

 

胃カメラ初体験してきました。2ヶ月前に若干胃の痛みを感じストレスの多いオレとしてはこれはストレス性の胃潰瘍とか出来たんじゃないか?

 

と不安になったので病院に行ったら、先月の末に胃カメラの予約を組まれました。

 

まぁ、実際の所最初の診察で処方された薬を飲んだら胃痛は速攻で治ったのですが、まぁ予約は予約なので受けてきました。

 

胃カメラの前日、ライジンガーの練習日だったので、メンバーに「明日胃カメラでハラハラする」と心配で相談すると、

 

ショッキングな体験談を話してくれました。

 

喉への麻酔は数時間残り、検査後に口の感覚が戻らないままソバを注文すると食べ方がわからなくて、北斗の拳のザコキャラの様に

 

ケンシロウに秘孔を突かれた後の様な状態になって食べられないだとか、

 

前の人が万が一、大腸の検査だった場合、若干喉に入る時カメラが少し匂うけど我慢しなければならないとか、

 

不安を大いに煽ってくれました。

 

結局はそんな事にはならず、案外大丈夫でした。そして胃も食道も十二指腸も正常でした。

 

医者いわく「晩酌しすぎ」との事でした。テヘ

 

 

そんなカメラですがオレのアイホンのカメラも壊れました。

 

先週末行われた塩釜卸売市場での海鮮丼モリモリパーティ、集まった人達がその魚市場で相談無しで一品購入し、持ち寄りそのネタで

 

思い思いの海鮮丼を作るという、素敵な会が開かれたのですが、その出発前、

 

毎日の日課である犬の散歩をしていたら前日の台風の影響か雨が降ってきて、点滅し始めた横断歩道を渡り、自宅に戻る進路を取り

 

軽く町内を流しました。

 

そして家に着きフト短パンのポッケに手をやると、ナ、ナイ・・・・

 

お尻のポッケに入れていたはずの携帯がないのです・・・

 

 

落としたなこれは・・と確信した後、いったん落ち着こうと深呼吸をひとつして、何処に落としたんだべか?と自問自答しました。

 

まぁ深呼吸したところでそんな事はエスパー真美でもなければわからないので、ヘルメットをかぶりカブを走らせました。

 

まずは散歩で歩いた道です。歩いてきた道を逆に戻れば必ずアイホンが落ちているはずです。われながら最高の作戦だ

 

ところがついさっき歩いた道なのに何処をどう歩いたとか思い出せません・・

 

何故なら先ほどの雨で本来の散歩コースを離脱したのち、雨がやんだので散歩の距離を伸ばそうと住宅外をグルグル回ったのです。

 

テンパッテルのと幾度となく散歩している近所なだけに、無意識に歩いているようでなかなか思い出せません、

 

これは困った・・・・と、間違いなく通った記憶がある場所を攻めると、あの雨が降ってきて走って渡った横断歩道の真ん中に落ちていました。

 

路肩にカブを止め、車が来ない隙に何でもないですよーと言う風にササッとアイホンを拾いました。

 

危なかった無くしてたらもう誰とも連絡取れません。それどころか仕事すら出来ません。

 

と、自宅に戻りホッとしてアイホンを見ると

 

 

画面の四隅がビシッと粉砕していました。ガラスの下のネジとか見えます。間違いなく何度か車に踏まれたのだと感じました。

 

一応は100均のガラスのフイルムを張っていたもののそんなものはいっこも役に立ちません。

 

真ん中のボタンを押すとそれでもアイホンはオレの指を認識し健気に電源が入りました。

 

こんなにガラス面が割れて、四隅が粉砕してもちゃんと反応してくれます。

 

でもなんか、こう指で画面をスライドすると指先に細かいガラスが付き、チクチクします、、

 

もうこれまで続けてきたゲームとかもできません、ってか時折送られてくる戦いのお誘いメールの文章が読めません。

 

でもまぁ電源入って動いてはいるので、何とかバックアップや大事な事はこの傷だらけのローラならぬ傷だらけのアイホンしなければ・・

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

 

と意味不明な文章で力尽き夕べ寝落ちしました。

 

 

つづき

 

おそらくこう書きたかったのだと今日のオレが昨日のオレに成り代わりお伝えします。

 

電源は入るのでバックアップを取って修理に出そうよ。

 

 

そしてそのアイホンが粉砕した夜ラーメンを食べに行った帰り、近くのヨークベニマルに寄ったらまだ8時5分前で、隣接する100均に行き

 

閉店ガラガラ直前に応急措置的にアイホンの画面に張る保護シートを買いました。これを貼ればとりあえずは指がチクチクしないし、

 

ガラスがポロポロ落ちてきません。

 

家に帰り早速アイホンに貼ろうと袋から保護シートと、画面のゴミをふき取るシートを取り出し、粉砕した画面の脂分とかを拭き取り

 

これは何の意味があるのだろうか?と自問自答したりしていよいよ保護シートを貼ろうと思ったら

 

 

なんかデカイ・・・

 

 

なんとも大は小を兼ねるとか言いますが、このシートガラス製なので加工も出来ずに兼ねません。

 

入っていた袋を見るとアイホン7PLUS用とか書いてあって、こっちはマイナスだよ!!と叫びました。

 

時間が無いので急いで買ったら間違って買っていたようです。

 

 

 

とまぁそういう事なので、粉砕してからもう明日で一週間、仕事もあって修理に出してなくカメラが使えないので、

 

しばらくの間ブログに写真がアップできません。折角の海鮮丼すらも写真撮れませんでしたので貴方の心のキャメラで映し出してください。

 

 

あとで確認したら画面が割れていてもフロントカメラは生きていましたので自撮りして今夜は夜風に当たろうと思います。

 

at 23:01, ライジンガー, ハイテク

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(ハイテク時代)

こんばんはデップジョニーです。

 

泉のスケートリンクの所に出来たカインズホームに行きましたよ、ホームセンター嵐の血がうずくので、炎のコマ片手に。

 

危なく1000円で売っている観葉植物に手が出そうになりましたが、もはや茶の間は以前富谷のカインズホームリニューアルオープン時に買った

 

観葉植物が大きくなって、かなり邪魔なので心を落ち着かせ買うのを辞めました。

 

その代わりに障子のあの白い紙、障子紙って言うの?アレを交換しようと買いましたよ。

 

最近の障子紙は驚きの進化を遂げ、のり要らず、なんと、アイロンでなぞるだけでくっ付いてしまう、ハイテク仕様に生まれ変わっていました。

 

しかも障子紙というにはちょっと首を縦に振りかねる、プラスチック素材混合の通常の障子紙の4倍の強度と言う、子供の居る家庭には

 

持ってこいの仕様に生まれ変わっていました。

 

まぁうちの子供はもう障子に穴を開ける様な歳ではないので、いっこも穴が開きませんが、強度があるのはなんだか頼もしいので

 

アイロンでできる強度4倍!グレイトなハイテク障子紙を買いました。

 

んで家に帰って早速張り替えようと思ったのだけども、ここ最近気温の上がりがハンパじゃなくとてもじゃないけども、屋外や空調なしの

 

部屋で出来る気がいっこもしないので、エアコンの効いたリビングで張り替えることにした、

 

まず障子の扉1枚をはずし見るとこちらもハイテク仕様に生まれ変わっていて、扉自体がアルミニュウムできててポケモンで言うと

 

ゼニガメがカメックスになったような進化を感じました。

 

そして、障子の紙を破こうとブルスリーのように「アチョー」と障子紙に攻撃するも、こちらもハイテクになっているのか結構頑丈で

 

昔のようにすんなり穴が開くような感じではありませんでした。まぁ時代はアイロンで張替えですからね。

 

んで、なんとか古い障子紙を取って、新しいハイテク障子をアイロンで付けました。

 

 

が、

 

 

なんだか思ったように接着されません、それどころか接着されるまで過熱してたら紙自体が黒く変色してきました。

 

こげてるな・・・今一度説明書に目を通すと、老眼鏡が必要な小さい文字で、アルミニウムの障子枠には接着できません。と書いてありました。

 

目の前にあるそれがまさにアルミニュームなので「ははーん、そういうことか」と発狂しました。

 

仕方がないので近所のカワチ薬局に行き障子用の糊を購入。いい感じに昭和な糊です。別売りのハケを使って障子枠の格子部分にペタペタ

 

塗っていきます。それから慎重にアイロンで張る障子紙を糊で貼りました。

 

しばらく放置したあと、確認するとあんまり接着されてない感じ・・・これはもしやアイロン意外受け付けない?そんな紙になってしまっているのでは

 

と心配したものの、もはやオレの取る手段には限りがあるので、このまま糊を信じて2枚の障子枠に障子紙を貼り付けました。

 

糊が乾くには結構な時間が必要で、時計を見るともはや夕方6時すぎ、サザエさんも「んが うっうっ」とか言って居ます、

 

仕方ないので、リビングから隣の和室にもって行き、横にして2枚重ねて放置、サイゼリアへ行き夕飯と晩酌をしてきました。

 

ほろ酔い気分で帰ってきて障子紙の具合を確認すると、あのアイロンでないとくっつかなそうな障子紙がアルミニウムの枠にピッタリフィット


多い日も安心な感じで接着されていました。まさに作戦成功です!

 

 

一時はどーなる事やらと思ったけどもやはり障子紙には糊がマストだな、とかリビングへの扉を開けると、

 

待ってました!

 

とばかりに犬がハァハァ言いながらダッシュで走ってきて、今まさに完成した障子の上をダダダダッ!っと駆け抜けていきました。

 

すごろくで言うと振り出しに戻る。的な感じになりました。

 

ほろ酔いも気分も何処かへ吹っ飛び、2枚横に重ねて行った結果、二枚とも同じ部分にしっかりと穴が開き、それから日をまたぐ頃、

 

補修完成して完全勝利を収めました。

 

本来はもう2枚交換しなければならないのですが、心のケアが必要なのでしばらくはそっとしておいてください。

 

 

と言う事であまりのショックでその時の障子の写真は撮れませんでしたので犯人の写真を上げておきます。ウオンテッド

 

 

あと、しばらく放置していた畑も行ったら雑草がとんでもない位伸びていて、草刈まさおってきました。

 

ジャガイモ、男爵とキタアカリを収穫しました。が、どちらも暑すぎる上に今度はアブに刺されて過酷過ぎて写真とか撮れませんでした。

 

なので、小屋に設置したハエ取り紙で我慢して下さい。

 

 

草刈するときは黒いTシャツはダメ。アブが寄ってきます。

 

ぽたぽた焼きおばあちゃんの知恵袋に追加願います。

 

と言う事で素敵な週末をお過ごし下さい。

at 23:38, ライジンガー, ハイテク

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(男の野Wayデュオ)

はいこんばんは。きょうはまず伝えておきたい事があるので聞いて下さい。ってか読んでください。

 

 

夕べBBQで火の付いた炭を普通に手で掴んで親指を火傷してなんだかキーボードが打ちにくいです。ヒロシ&キーボード

 

 

その上で、伝えておきたいのはゼンジバルの事です、今年もありがたいことに出演させてもらう事となり打ち合わせに行った結果

 

あの、何年前なのかは定かではありませんが、ライジンガーの演奏時間に合わせて豪雨が襲い、終わるころに晴れてくるという事件が起きた

 

あの場所での演奏となります。

 

かれこれ何回出たのかわかりかねますが、悪い意味で今までで一番深く心に残るゼンジバルであった事だけは確かです。

 

 

そんな場所での演奏。リベンジと言うかその悪いイメージを払拭する為にも皆様の力が必要なので、9月6日の土曜日14時は是非

 

あの忌々しい場所でお会いしましょう。テンキュ

 

 

 

と言う事で男の野Wayデュオを開催してきました。参加者はダリーさんのみ。まぁだからデュオなのですが、前回行ったデュオの反省点を

 

胸にビシッと行いました。

 

まずは食料の量です。適材適所というか加齢による食細りを考慮した買い出しがマストです。これはソロでも言える事ですが環境が変わらないと

 

自身が自分の衰えに気づかず、その結果これぐらいはモリモリ食べるだろう。と言う過信によって食材を余らせ、場合によっては処分

 

しょぶんうきうきウオッチングしかねません。そんなのは地球を愛しているものとしては耐え切れない苦痛です。

 

なので、スーパーの食材コーナーに立ち入る前には、一度無の心になりひとつ深呼吸をしてから買うように心がけたいところです。

 

男の老いは一歩一歩着実に進むのです。

 

今回はそんな男たちのサタデナイツだったのでフォルモン一袋余らす程度の誤差でナイス男の野Wayでした。

 

もちろん男だけの秘密の恋話とかしたので、トークの内容はノンノン教えられませんが、前回の反省点を踏まえ、寝床を作って寝床の具合を

 

見ているうちに寝てしまった。なんて事が無いように寝床は寝るまで作らないをキャッチコピーに行った結果、10時半過ぎまで屋外で

 

焚き火のホノウの揺らめきに身を任せました。

 

流木で作ったトライポッド、じっさい何に使うという訳でもないのだけども三角の棒があるだけでなんだかよい感じになると西郷ドンも言っています。

 

 

 

金華サバならぬ金華育ちのサバを焼いたりして、ダンディな夜は更けていきました。

 

 

 

いっこも夜じゃない写真だけども、夜になりました。

 

 

もうおなかいっぱいお話したので寝ようかと小屋に入りました、寝床をセットし横になると、まぁ暑苦しいったらない。

 

ただでさえ夏の夜ムシムシする高温多湿な狭い小屋に、おっさん二人シャワーを浴びずに寝るとかちょっとしたホラーです。

 

でも男の野Wayはそんな道で出来ているのです。避けて通れない戦いがここにあるのです。とにかく明日目が覚めてこの夜を生き抜いた

 

その実感だけあればそれでよいのです。

 

んで、寝床をセットし横になりました。二人だけども川の字です。するとなんだかどこからかガサゴソ、カリカリ、コツコツ、と音がします

 

この空間には酔っ払ったおっさん二人しか居ません、しかもとんでもない山奥、なのにガサゴソ音がするのです。

 

ダリーさんに尋ねると、もう目が半開きで今にも天に召します感じになっていたけども返事をしてくれました「なんかなってるね・・」

 

その言葉を最後に彼は深い眠りに付きました。

 

オレは神経質ではない人間だと自負しているのだけども、このガサゴソ音はちょっと聞いた事がないし、こんなの聞きながら寝れない・・

 

となかなか不安で「こんなんじゃ寝れないよぅ」とか思って普通に寝てました。

 

でも頻尿はそんな眠りを許さず、膀胱はちきれんばかりになって起きて、聖水を放出し、寝床で横になるとまた先ほどのカサゴソ音が聞こえます

 

もうかれこれ3時間ガサゴソしています。

 

ガサゴソの正体を突き止めないともう寝れない。と思い暗い中壁に耳を当ててみたりして、壁に耳あり障子にメアリー、そして・・・

 

とイラナイ考え事をしたりして、結局外に出て壁に向かって蚊取り線香をMAXで燃やし、燻り作戦を敢行しました。

 

結果、ガサゴソ音は睡魔に負け寝ておきたら収まっていたので、オレの勝ちと言う事で幕を閉じました。

 

5時半ぐらいに起き顔を洗い歯を磨き、朝のまったりモードに。

 

ダリーさんの言う話では「ウーフーシンの朝ラーは7時から」と言う事だったので、それに照準を合わせ撤収作業をはじめ、一番乗りに

 

店に行く事に全神経を注いだ。

 

それぐらい神経を注ぐとお腹が痛くなってきた。そううんこの合図だ。大体飲みすぎの朝襲ってくるのがそれ。

 

通常はこの大地全てがトイレだとか、北の国からのテーマソングを口ずさみながら用を足すのだが、今回は二回目と言う事もあり

 

いくぶん撤収作業の効率化が進み、これならば麓のコンビニに間に合うのではないか?と言う文化的トイレを望むオレの要望と合致し

 

午前7時ジャストにウーフーシン。の目的を果たす為にも今出て、コンビニで出すのが最善の策だった。

 

間一髪。コンビニに着くともう変な歩き方でトイレへ、勝利を収めた。

 

もう何も迷う事はないので、心機一転ウーフーシンへ、到着しフト入り口を見ると開店7時30〜 と書いてあってまだ開店していませんでした、

 

 

なんだよー!と偽情報提供者のダリーさんに文句を言おうと思ったけども、結果的に文明的トイレで用を足せて、ウインウインの関係だったので

 

文句は言わずに30分車の中で待った。

 

世界情勢について語り合っていると、他県からの客が来始めたので、俺たち野Wayチームが一番乗りである事をアピールし無事、

 

一番、頂点を極めた。

 

前回は山でストーブの上で焼いたランチパックを食べた後に来て、ウーフーシンの真の食べ方をまっとうできなかったので、今回が野Way最初の

 

朝ラー記念日になった。

 

まずは豆腐。毎日の仕事のストレスをそっと癒してくれるかのような休日の朝に身体に優しい豆腐。何をつけずにどーぞそのままお召し上がり下さい

 

 

シンプルな中でも豆腐本来の味を追求した自家製温豆腐。大豆の力強さを感じる一品だ。そしてこれはラーメンを注文するとまず出てくる。

 

この豆腐で男の野生を呼び起こし、いよいよラーメンの出番だ。

 

 

以前も語ったが、こんなにもっさり三陸産ワカメが乗っているのにワカメがそんなに主張せず、魚介ベースのあっさりスープとの相性が

 

素敵なハーモニーを奏でる。さらにはこの朝ラー特注の麵がシルク麵と言って、まさに絹を麵にしたようなノド越し抜群で、それで居て

 

決して細くないツルツルの麵は今から始まる一日に活力と勇気を与えるようなそんなラーメンでした。 なんだそれ

 

 

と言う事でもう何度も野営ってか今回から野Wayで書くネタも尽きてきそうな感じですが、とりあえずこの夏の暑いに時期にやって見て

 

この暑苦しい時期だけは基本おっさん達はあそこに泊まるべきではないなと、思いました。

 

 

と言う事で夕べ日記を書いたまま寝ちゃって二日にかけて書いたので、文章が支離滅裂かもしれませんが、いつもの事なので気にせずに

 

声出していきましょう。

 

at 22:08, ライジンガー, 男の野営

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(はやぶさ)

こんばんは雨ですね。アンニュイな夜皆さんいかがお過ごしですか?

 

あ、いえ、深夜なのでお返事は結構です。

 

 

しばらく暑くて大変な日々でしたが今日は一転だいぶいい、ですね。

 

ワールドカップのほうも勢い余って日本は負けちゃいましたが、16強に入るというのはそれだけでもとっても凄い事なので、胸を張って

 

帰ってきて欲しいものです。ってかもう帰ってきたみたいです。お疲れ様でした。

 

 

胸を張って歩く、そんなのに憧れますが、実際は猫背で胸より顔が前に出ている気がします。でももっとおっさんになるとおなかが出てきて

 

おなかを張って歩くようになるのだと思います。胸を張るのと似ていますが違う気がします。

 

 

そしてワールドカップで盛り上がっている中、実は宇宙でももっと盛り上がる事が起きていたことを知っていますか?

 

ほらオレって宇宙好きじゃないですか?UFO信じてるじゃないですか?そしてアポロの月面着陸信じてないじゃないですか?

 

2014年の12月に打ち上げられた日本の「はやぶさ2」が先月末に目的地である「りゅうぐう」と名づけられた小惑星に無事到着したのです。

 

まさにもうすぐ七夕の時期に竜宮城に着くという愛とロマンの物語。現在地球から285,731,933 キロメートル離れた場所に居ます。

 

そこからまた竜宮のかけらを採取し持ち帰ってくるのです。それが2020年東京オリンピックの年。ロマンチックが止まりません。

 

世界初小惑星から星のかけらを持ち帰った「はやぶさ」その偉大な功績を受け継ぐ「はやぶさ2」もっと注目して良いと思うのだけどもねぇ。

 

 

そして今日注目しなければならないゼンジバルの出演料を支払ってきました。だって今日が締め切りだったので、

 

数年前ミーティングのちょっと前に出演決定通知の手紙を見てミーティングの日時を確認しようと思って封筒から手紙を出したら、

 

振込用紙が床に落ちて、出演料を振り込んでいない事に気づき慌てて実行委員会に連絡をして謝った覚えがあります。

 

そういう経験からなかのか?今年はあらかじめ登録していたメールアドレスに振込み忘れないでください的なメールが届きました。

 

振込み期限は7月5日までです。そうそうこういう忠告大切です。きっとサッカーと宇宙に心奪われ忘れるダメ人間が居るのです。

 

 

と言う事で流木王もぷちぷち復活しています。

 

 

 

 

 

at 01:52, ライジンガー, 日想

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(ワールドカッパーとジェームス)

こんばんは柳生ヒロシです、

 

ハンターチャンスワン、

 

 

ヒロシです、ヒロシです、、ヒロシ・・

 

 

さて、ワールドカップ日本がベスト16に入り、まさかの決勝トーナメントまできちゃいましたね。これは凄い事です。

 

夕べの試合の後半はだらだらボールを回す時間があり何やら騒いでいるメディアがあるようですが、これぞワールドカップの醍醐味、

 

グループリーグ突破をかける試合の形です。対戦相手との利益思考が重なった時のみ行われるプレーなので、こんなのが見れたのも

 

その上の決勝トーナメントに行くチャンスを生かすギリギリの戦を今この時間戦っていると言う証です。

 

グループリーグ内で2チームだけが生き残るサバイバル、そのルール内で戦い生き残るのがロックと言う訳です。

 

何はともあれ16強入りしたのは凄いので、月曜日と言うか火曜日の朝方のベルギー戦でお会いしましょう。さようなら。

 

 

違う

 

ジェームスの続きです。

 

 

ベースの弾き語り。これがどれだけ難しいか?ベースをもってると良くわかります。ボボボボと弾きながらメロディを歌う。

 

ギターの場合は歌う小節の前にコードをガイーンと入れてしまえば、その節は実は案外なんとでもなりがちです、和音なので音の厚みもあります

 

他方ベースは単音の楽器、コードも弾けますが弾き語る場合正直ベースのそれに良さは余りありません、つまり単音の音に合わせ歌うという

 

ある種、マニアックすぎる世界だと思います。

 

んで実際のジェームスはというと、試行錯誤した結果自分で打ち込みドラム、ギターを入れたカラオケ音源を流し、それに合わせベースを弾き

 

そして歌うというトリッキーなスタイルで演奏していました。

 

前奏でカッコよいベースフレーズが出ていても、歌うパートになるとどうしてもベースはシンプルになってしまいます。

 

それでも彼は紛れもなくカッコイイベーシストでした。

 

ジェームスのライブが終わり、ダリーとジェームス夢の競演タイムになりました。

 

 

ストリートスライダースの曲を2曲ほどセッション。ダリーさんの緊張がこっちまで伝わってきてとっても良かったです。ププ

 

その後、ちょっとした打ち上げ?というか飲み会に参加させてもらい、結構お話させてもらいました。

 

解散後の非常にレアなお話をしてくれたり、今のベース弾き語りに至った経緯や、オレが初めて中学生の時に見たロックンロールオリンピックでの

 

スライダースの行動とか。ほんとに気さくにお話してくれて「ロックオーン」とリーゼントでサングラスで怖かった人とは思えない良い人でした。

 

 

立場は違えど同じベースを弾く人として、ほんと為になったしお話出来て良かったです。

 

 

と言う事でそんなパワーアップしたオレがベースをボボボと弾くライジンガーの次のライブはゼンジバルです。

 

 

決まりました9月8日。今年も皆で仙台の音楽祭を盛り上げましょうよろしくお願いします。

 

 

 

と言う事で試合見ます。

at 23:46, ライジンガー, 放浪

comments(0), -, pookmark