haro君の日記(ライジンガーライブ その1)

ライブだったのです。

 

伊良部じゃないです。

 

 

これはポテリン 意味なし

 

 

今回のイベンツは沢山のバンドさんが出られると言うステキなイベントでした、出番は告しつこく告知したように18:40からだったのですが、

 

何を隠そうリハーサルが12:20からだったのです。衝撃の事実

 

深呼吸してくださいヒッヒッフー、良いですか?18:40が本番なのです。なのに集合はリハの準備なんかを考えるとなんやかんやで12時です。

 

リハなんてのはまぁ15分程度ですよ。12:20から始めたとして終わるのはせいぜい12:40です。ってことはムッサイおっさん4人で

 

ひたすら時計とにらめっこして6時間もの間、時が過ぎるのを待つしかないと言う、ダークサイドに今にも落ちそうな時間の過ごし方になってしまいます。

 

あまりにダーティすぎる、リスキーにもほどがあります。4人のダースベーダーが誕生してしまいます。

 

ましてや今回は年末ライブ今年の集大成です。まぁたいした活動もしていませんが・・とにかく今回はこの時間をいつものように飲んで

 

過ごすわけには行けない理由があったのです。うむ。それは、、

 

今回のライブはライジンガーの曲を一曲もしない。バンド名にもなって居る曲を世に送り出したパンクバンドTHE WILLARDのカバーだけで

 

ライブをするからでした。2年ぐらい前にハスピターズとか歯止めが効かずそんなライブをした事もありましたが、

 

とにかくこのバンドをカバーする試みは我々がバンドをダラダラ続けてこれた理由の一つになっています。

 

 

なんつったって25年以上同じバンドを続けていると、マンネリ感とかスランプとか不仲とかとにかく人が集まると必ず発生するであろう

 

事態にスッと風穴を開けてくれる、そんなバンドがTHE WILLARDなのです。

 

話し始めたらもう謝るまで話をやめないほど好きな、そしてもっとも影響を受けたバンドであるのは言うまでもありません。

 

今回はなんとなくそんなライブにしようと軽くカバーした訳ですが、これが思いのほか大変で、自分達の楽曲との違いが世実に出て

 

体力的にも演奏する時の注意点などが明らかに違うので、各自メンバーいつに無く練習が真剣でした。

 

前文にも書きましたが基本的にパンクバンドなので曲そのもののスピードが速いのです。まぁとにかく一言でいうと速くて大変なのです。

 

そんな楽曲前にいつものように飲酒していては全く演奏なんてできそうになかったからでした。

 

 

という事でここは一度車で機材を持って行って駐車場に停め、リハを済ませ帰ってよい塩梅の時間にまたライブハウスに戻ると言う

 

素敵な案が思い浮かびました。

 

さらには鳴子音楽祭ツアー2016で一緒に陶器もまだ手渡してはいなかったので、その方々と連絡を取り合い、ライブ前にカフェで自分が作った

 

作品でコーヒーでもたしなみながら優雅に談笑しましょう。そうしましょう。と言う無駄のない作戦を思いつきました。

 

 

んで当日。雪がちらつく中goru君を拉致。さらに某スタジオに置いてあるアンプを取りに寄って、ヒャウイゴー

 

うーん、年末で週末で浮かれているせいか道が混んでいます。余裕をもって家を出たはずなのですが、なかなかライブハウスに着きません

 

リハに間に合わないかも・・・と思いながらも、何とか機敏なハンドルさばきでギリギリに着いて、機材を下ろしライブハウスに入ると

 

なんだかマッタリした空気が流れていました。

 

どーもリハの一番最初のバンドさんがまだ来ていない様で、まったく音出しをしていない状況でした。

 

いやいや、それは予定が狂いますよこちとらこの後家に帰ってシャワーして着替えして電車で戻ってきて、陶器の品評会に出席しなくっちゃないのだから、、

 

つーかオレ起きたまんま寝間着のスエットで来てるのに・・と焦ったけども、一向に来る気配もなく、マッタリした空気はしばらく続きました。

 

寝間着姿で鼻くそほじって食べていると、来た。急いでリハが始まり、次のバンドさんがリハしないと言う事だったので、我々が繰り上げリハで

 

鼻くそと冬の空がほんのりしょっぱかった。

 

リハを済ませ、マシーンに乗り込み帰宅。

 

 

ビシッと寝間着姿から着替えるともう家を出ないといけない時間に・・こ、これは作戦ミスすぎるな・・と思ったけども、

 

まぁ自分のミスではないので裁判を起こそうかと思います。ウソ

 

 

んで3時半また舞い戻ったオレは楽屋に居たGREY君と共に品評会会場の予定のカフェではない御朱印船と言う居酒屋へ向かった。

 

 

つづくべ

 

at 01:02, ライジンガー, バンド

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(秋と写真とサバ)

こんばんは。今朝散歩中にこんなゴミを発見しました。

 

 

この手口は高齢者だと思われます。せっかくこんなに綺麗に結んでも放置してはいけません。

 

ほうの木仮面は許しません。

 

 

プンプン

 

犬も怒っています。

 

 

という事でゴミはゴミ箱へ

 

 

さて、先日ってか一週間前にゼンジバルの時の写真を某シンタロー君にDVDでもらったのですが、そのもらったDVDを机の上に置いて

 

忘れるて帰ると言う致命的失態を犯しまして一週間ほどupするのが遅れましたが、このたびやっと公開できますので一週間分の思いを乗せて

 

ご覧いただけると幸いです。

 

ジャーン

 

 

とりあえずこれ。オレなんだかうなだれています。

 

 

ライブ前にステージでこんなにうなだれて居てはいけない気がします。でも仕方ないのです。

 

ペッティングも終わり、もといセッテイングも終わり、スタート時間待ちなのです。

 

どういう訳か前のバンドさんが5分ぐらい早く終わってしまい、途方に暮れていた時に激写されたようです。

 

いっぱいお客さん居たのにこれはいけませんね。ゴミを持ち帰らない高齢者に調子に乗って怒ってすみません。

 

気を取り直して、

 

ガイーン

 

 

そうそう、こういうの、こういうのが良いの。

 

 

ちょっと夕焼け色を添えてみました。

 

 

ナイスグレイ。彼の目線はあなたのハートをグワシ掴み、byまことちゃん。

 

 

カモン ジター! いいソロ弾いてそう、何の曲弾いている時の写真かは本人もわからないでしょう。

 

 

ベーマーどこ見てんだか。レッドのマイク位置が気になります。

 

 

あれ?やっぱり歌ってる?いつもはドラムにコーラスないんだけどもなぁ?

 

 

はいはい忘れないでくださいJCOMさんのキャメラマン。今まさにギターにズームイン

 

 

 

 

 

なんとなくモノクロにしてみました。モモクロじゃなくてよかったです。

 

 

という感じでシンタロー君写真ありまとー。

 

 

そういえばすっかり秋ですね。

 

 

落ち葉もすごい事になって居ます。

 

 

芋煮したいなぁと思って一部の方に29日にやるかも。とテレパシーを送っていましたが、メンバーも都合悪いし

 

なかなか寒くて人も集まらなさそうだし、オレ車出すと飲めないし、、

 

今回は芋煮はやった気になって武谷食堂で各自トン汁定食とか食べるようにすると良いです。

 

 

宮城県の芋煮とだいたい一緒です。非常に美味しいです。

 

なんなら武谷食堂でトン汁食べながら飲むと言うのでもいいのかもしれませんよ。鯖の塩焼きで一杯なんてのは非常にうれしいです。

 

という事で、散歩にはステキな季節なのでこんなの作ってみました。暇な人は見てみて下さいね。後半はランクルの自慢動画になってるけども。

 

 

 

at 23:53, ライジンガー, バンド

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(フックでロック)

ロックしてますか?

 

私はしていません。

 

 

今日はお伝えしなければならない事があります。じつは・・・

 

 

キポーンロリーコン?

 

という事で今年も参加させていただく事と相成りました。パチパチ

 

やっとバンドっぽいネタがあって良かったと胸をなでおろしております。フーヤレヤレ

 

 

さて、散歩してますか?YO!

 

最近新しい散歩コースを発見しましたよ。今は梅雨なのでじっとしていますが先日のつゆの晴れ間を巧みに利用しいよいよ迫る

 

夏の日差しとの戦いに対抗できる散歩コースを発見しました。

 

毎年、夏が来ると散歩に苦労します。朝は新幹線の線路沿いに出来る日陰まで車で移動し、そこから線路沿いを往復する地味なコースを

 

選択していました。でもその道は通勤の車もトラックも走る道路で歩道もなくあまりお勧めできない散歩コースでした。

 

がしかし今回の散歩コースは全コース木陰と言う立地条件です。マニア必見です。

 

 

どーですか?このコース約1キロこの状態です。

 

人もほとんど通らず車の音も聞こえません。ただクマ出没注意の看板はやたらあります。いったいどう注意したらいいのかわかりませんが、

 

クマに出会ったらダメだよ。と注意しておきます。

 

いつだって人生と散歩は危険と隣り合わせです。

 

 

あとジムニーに矢印を付けました。

 

一体何の話だ?と思う方も多い事でしょう、奇遇ですオレもです。

 

でも、なんかカッコイイ矢印が付いている車があるんです。こんな感じの

 

 

 

牽引フックですね。レースなんかで一刻も争う時に使うのかわからないけども見ればわかるのに、なんか大げさに牽引フックの場所を示す

 

矢印がカッコイイでしょ?

 

先日100均行ったら、よくランドセルなんかに貼る反射シールが売っていたので、ピーンとひらめ居たので矢印を作って

 

ジムニーに貼りました。

 

まず反射シールを裏返しにします。ロック

 

矢印をマジックで書きます。

 

 

カッターでカット。

 

 

貼る。斜めに貼るとそれらしいです。

 

 

後ろ

 

 

まぁ、牽引フックなんか使うような事態に遭遇する事はおそらく一生無いし、そもそも場所がわかっているので一体誰にアピールしている

 

矢印なのかわかりませんが、なんとなく反射するしカッコイイので危険な時は牽引フックであなたのハートをロックオンしてください。

 

もう何言ってるか酔っぱらっているのでわかりません。

 

あとなんだっけ・・

 

わすれました寝ます。おやすみなさい

 

 

 

at 00:12, ライジンガー, バンド

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(松フェス セカンド)

「おめでとーレッド!!!」

その時岩切にあるとある居酒屋で歓声が上がった。テレビの中では本日最後になる笑点、歌丸師匠が春風亭 昇太さんの名前を告げて居た。

そう、レッドは隠れトシと言われながらも、それ以上に昇太さんにそっくりなのだ。

「ありがとー!!」とレッドも嬉しさを隠しきれず周りの方々と握手をし歓喜の声を上げていた。


 時間は5月22日の朝。天候晴れ東の風2m

そう今日は松島パークフェスティバル当日だ。犬の散歩を済ませ時計に目をやる9時40分自動巻きのオメガはそう告げて居た。

前回の春芋煮で送ってくれる宣言をしていたMさんは1分の狂いも無く来てくれた、オレはまっくろのデトマソパンテーラの助手席にどっしりと座った。

ヒューイーゴー と合図をすると、Mさんはギアをファーストに入れ、ニヤリと横顔でほくそ笑むと勢いよく発進した。

ブロロン

家から松島までは高速を使わなくとも30分程度で着いてしまう。こんな朝は高速を飛ばすより、山沿いのワインディングロードを流すのが良い

一つ山を越えると、風光明媚な日本三景松島の島々が顔を出す。こんな快晴の朝はこの道から見る松島がやけにまぶしく見える、

松島海岸駅が見えてくるとその先には水族館が見えてくるのがセオリー、だが今年は違った、そう去年の松島パークフェスティバルは

この水族館最後のイベントだった、オレ達が幼少時から今現在大人になった子供達が誰しもが幾度となく通った水族館、それが松島水族館だった

だけども、今日の松島にはその水族館は影も形もない、感慨深く時代の流れと言う名の刹那に襲われているとパンテーラは左に舵を切った、

トンネルを抜けるとライジンガー専用駐車場が見えてきたので、ワインディングでホットになったエンジンを冷ますように駐車した

パンテーラの重苦しいドアを開けるとカモメたちの囀りと波の音が聞こえた、そう今日のステージはビーチサイドステージ

太陽に照らされる海を見る為防波堤を駆けのぼると、オレ達のステージがあった。ソークール 

ステージの後ろの波打ち際ではおっさんと子供たちが潮干狩りしていた。ロックンロー


だんだん疲れてきた・・


という事でハーバーサイドステージに歩いて行くとキンキンする声が聞こえたアニーだ。活動が不安定になっていたけどもここ最近

激しく活動しているバンド、キュラソーのリハだった。

やっぱりこのステージは良い。去年は我々もここでやらせてもらったのだけども、何が良いって目の前のお店でイカ焼きやホタテ

なにより生ビールがすぐに買えるのだ。このイベント自体松島活性化の一環なのでここは貢献しなければ、という事で朝ですが

海とロックの神に乾杯した。



久しぶりのキュラソーライブ、一番最初でやり難いかと思いきやなかなかどーしていい感じに演奏していました。

キュラソーが終わるとヒマなので、松島観光に行った。

円通院。初めて行ったけども伊達政宗の子供と徳川家康の孫との子供のさらに子供の霊廟という事ですけども、ちょっと何言ってるかわかりません。

おそらくすごい場所です。詳しくはググってください。

そしてその円通院では数珠が自分で作れると言うコーナーがあるという耳寄りな情報を聞いたので、さっそく作りに円通院に向かった。

松島海岸を歩いていると色々な場所にステージが組まれ様々なバンドさんが演奏していて、この日ばかりは松島が音楽に包まれていた。

円通院到着。

自分で作る数珠ちょっと興味あるでしょ? でも甘く見てはいけません。実際は1000円から数珠を作ることが出来ますが、

1000円はプラスチック、2000円はガラス玉、

そしてなんとなくご利益がありそうな天然石は3000円からと言う衝撃プライスでした。

わりと軽い気持ちで来たのだけども、顔が引きつりつつもここはカッコ良く天然石コースを選ぶ。まさにロック

3000円と言ったらもうなんか1回のみに行けちゃう感じだけども、オレは今からその3000円で石を買うんだぞ、石を。

わかってんのか?と自分に言い聞かせた。


そんな不純な気持ちで座敷に座ったオレだったが、数分後には石の選定に全神経を集中させていた。

何十種類もある天然石、それぞれに意味を持つ石、それでいて出来上がりのセンスまで問われるとあっては、親玉と言う最初の1個を選ぶのにも

10分ぐらい掛った。そんなハードボイルドな思いをして作り上げたのがこれ



親玉と向かい合った2個の玉は白そして二点は艶消し黒、その二点を囲むオレンジマーブル、全体はデトマソパンテーラの黒にしました。

という事で説明を受けるとこの黒は仕事運を上げると言うので、今年は流木王にはならなくて済みそうです。作ってよかった。

最初はちょっと高いなとか思ったけども自分で作るオリジナルの数珠なので既存の数珠なんかより愛着がまるで違います。

この愛着プライスレス。いやプライスは3000円です。


という感じで松島観光しているとあっという間にm/o/kの時間になったのでイルカフェでコーヒーを買ってブースへ向った。



m/o/k まぐろ おっぱい このやろう だっけかな?そんな感じのバンド名の説明をしていたと思いましたが、演奏は流石のクオリティで

聞きやすい楽曲で見ているお客さんも楽し気でした。オレは数珠作りで精魂を使い果たしたので後ろの方でビール飲みながら観戦しました。

その後、お昼を食べに松島のお土産屋さん界隈を徘徊して魚介を食べた事にしたいけども、もりそばを食べました。

そんなこんなでここらへんでやっとこメンバーが全員集合。ビーチサイドへ向かった。



朝も見たけども本当にビーチサイド。これ以上ないぐらい砂浜にステージがありました。なかなか足を取られるステージではありましたが

体験した事の無いステージで気持ちよく演奏できました。もちろん数珠もしてライブしました。

グレイ君は翌日誕生日だったようでお客さんから龍と虎の絡み合った浴衣をプレゼントされ、砂浜で浴衣グレイをしていました。

ちょっとお客さんからは遠いステージだったけども、なんだか「オレは自由だーーーっ!!」とっ叫ぶ感じで心地よかったです。


その後、反省会と次回ライブの予定を決めるべく岩切の居酒屋へ向かった。

そして歌丸師匠かた告げられる昇太さんの予想だにしない司会抜擢だったので、反省とか次回のライブとかなんも決まりませんでした。ボビーン


コホン

松島パークフェスティバル今年も松島を堪能する楽しい1日でした。イベント運営の方々、ボランティアの方々出演者の皆さん、

そしてなによりライジンガーを見に足を運んでくれた方々、ありがとうございました。また来年も出たいなぁ。


at 01:08, ライジンガー, バンド

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(ライブとパークフェステボー)

こんばんは。続きはWEBです。

朝起きてまずは犬の散歩です。モリリン加瀬沼公園に行ったら、すごい桜でした。

グランディとは歴史が違うので桜の木の太さがまるっきり違います。



ビューチフォー



8時30フンなのにすでに花見客がBBQしてました、匂いにつられる犬



やっぱり匂いが気になる犬その2



ヨンマル花見

その後牛フン買ってラーメン食べました。





ってかライブでしたね。そんな事をしていたら前回に続きリハに遅刻してしまいました、ヒューヒュー。

だって電車が強風により徐行運転だから、ヒューヒュー。

まぁ遅刻と言ってもベースの場合セッティングも1分もあれば出来ちゃう優れた楽器なので、ギリギリアウトでした。

ボビーン。

リハが終わると悪魔の時間がやってきます。出演者の他のバンドさんにも悪魔が数人いましたが、怖かったです。

おっさん4人でイベントスタート時間まで過ごさなければなりません。

どーしよう・・2時間ほどの悪魔の時間・・仕方ないのでとぼとぼ歩くとLINEショップを発見。

おっさんだけども、おーあのクマじゃん!とかはしゃぐ。GREY君とレッドはガラケーなので平常心。



マサムネってる。



コニーって言うんだよ?



RRDと落書き



コニーが映っていない

だいぶ打ち解けてきたので「なかすっ娘」と言うお店で飲み放題する。もちろんセーブします。

今年の今後のイベント予定とか、バンドの方針なんかを、からしレンコンを食べながら議論。


やはりバンドは4人がそろってはじめて一つの事が出来るもの、1人だって欠けてはいけません。お互いに好きじゃなくとも

バンドをやる以上はメンバーも自分の一部として捉え大事にする心が大切だよ。と話しながら自分だけ二日酔い予防のしじみエキスを飲んだら

「メンバー大事にするんだったら、まずそのしじみエキスはメンバーに配るのが筋じゃないのか!?」と意見された。

「やだよ!なんでよ!オレが自分で持って来たんだからオレが飲むよ!」

と議論紛糾、荒れに荒れた。

結論として「今後はスレイブ体操を取り込む」と言う結論で一致しました。




打ち解け合った男たち。GREY君はトイレ


という感じでライブハウスへ戻りウロウロしているとお客さんがじょじょに集まって来てくれました。

来てくれたお客さんとお話をしていると時間になったので、ステージへ向かった。

ガイーン。

終了

まぁまぁミスもありましたが、なかなか楽しいライブが出来たかと思います。

その後メンバー及びお客さんは打ち上げへ、オレは川に洗濯、じゃなくお会計を済ませる感じに動きました。

GREY君から来た電話で打ち上げ会場を教えてもらったけども、さっぱりトンチンカンな方向に進んでしまい、足が痛くなるほど

歩いてしまった。捻挫しなくてよかった。

打ちあがる。70にも行きたかったけども次の日仕事だし、松島パークフェスティバルの打ち合わせもあったので、送ってもらった人達と

帰った。途中サイゼリアがあったので小休止したら。閉店までワインを飲んじゃって記憶があまりありません。

朝起きると12時でした。しじみエキスのおかげか少しだけ二日酔いでしたが、セーフティボーイでした。

メンバーにしじみエキスを配らなくて本当に良かったなぁ。と思いました。


今回も主催者さんのoffice motholさんはじめ共演者の方々、スタッフさん。そして何より強風が吹く中集まってくれたお客さんに

ただただ感謝感激です。

ありがとうございました。メンバー一同。


そして、ライブで告白した松島パークフェスティバルの件ですが、

ビーチステージ、カテゴリー、ハードロックのブースに決まりました。イエイ、オーイエイハードロック。

ちょっとハードな感じはないライジンガーですが、松島パークフェスティバルではダイエースプレーのハードを使ってハードに決めるので

宜しくお願いします。

時間は15:50〜になります。





イルカフェでアニーにコーヒー奢ってもらった。

松島パークフェスティバルの打ち合わせ後アニーとラーメンを食べました。



待ち時間。













ラーメン到着。









 

at 22:03, ライジンガー, バンド

comments(2), -, pookmark