<< haro君の日記(コンポスト) | main | haro君の日記(ゴールデンツー) >>

haro君の日記(ナイスゴールデン)

こんばんはライオネルアンリッチです。

 

さて、ゴールデンでしたね。皆さんはどんなゴールデンを過ごされましたでしょうか?やっぱり実家に帰省とかして親孝行とかしたのでしょうか?

 

まぁ個々に聞いていたら時間がいくらあっても足りないし、言うほど興味も無いので報告不要です。

 

オレから一方的に報告します。なぜならそれがブログと言うものだから。

 

 

オレのゴールデンは3日からでした。1日に仕事が尽き果て、2日は岩切の駅前で飲み会。3日は忘れました。

 

そして待望の4日、満を持して行って来ましたよTHE WILLARDのライブに。いやーすごいライブでした。場所はHOOK。

 

仙台屈指のウイラーダーと共に、迎え撃つはその昔THE WILLARDのアンオフィシャルサイトを立ち上げ大いに盛り上げた張本人

 

JAWAさん。そして東京からの刺客KIDさんとNANAさん。

 

とりあえずライブも良いけども10数年ぶりの出会い、そしてそれを実現してくれたTHE WILLARDに感謝し、飲みましょうと

 

以前鳴子で作った陶芸を披露する為に設けた席、御朱印船のお座敷席をビシッと押さえ、まるで巨大温泉ホテルの広間の様な場所に

 

旅人たちを向かいいれた。仙台が胸を張って提供できるものは?ささかま?牛タン?ノンタン?いや違う。一人あたまのスペースです。

 

この店のすごい所は、一人一畳以上のスペースで飲めるこのゆったり感。それ以外はあんまり興味がありません。実に10数名で入ったけども

 

非常に仙台らしいお店だと思います。食べ物はまぁまぁ。お酒もまぁまぁ。料金もまぁまぁです。

 

と言うことで、お・も・て・な・し OMOTENASHI はココまで、いよいよライブの時間が迫ってまいりました。

 

 

ライブハウスへ向かい待つ事30分。ガイーン

 

往年の曲パンクシングスアグローリアで始まり。ライジングライダードライブで終わりました。まぁアンコールは3回ぐらいやったけども。

 

何がよかったって、我々ライジンガーを見て興味を盛ってくれた方々に、まさに本物のライジングライダードライブを聞かせられたことが

 

とっても嬉しかったです。もしかしたらライジンガーの事をしって演奏してくれたのかもしれないと勝手に思って居ます。テンキュー

 

まぁ新譜の曲もCDで聴いたときは、ムムムと思ったものの、ライブに向け車の中で聞いていたらなかなかの作品で、ライブで聴いたら

 

もっと良かったです。

 

気がつくとTシャツが汗だくになってオヤジ臭くなっていたので、脱いでシャツだけを着てなんだかノーパンな気分で、

 

ライブハウスの前の居酒屋へ行き打ちあがりました。ウィー

 

その後カラオケに行ってフィーバーしました。ウソ オレは最初の一時間ぐらい生きていましたが、その後は俳人となって

 

俳句をたしなめていました。もとい、廃人になって頭痛と戦いながらカラオケボックスのシートで丸まって寝てました。

 

4時過ぎ頃撤収で外に出ると、とんでもなく寒くてシャツ一枚とか変態の域だったので、おっさん臭いTシャツを朝焼けに染まりはじめる

 

一番町通りで着ました。ロック

 

 

まぁなんとも愉快な一日でした。何の因果かライジンガーに刺激され良くわからないまま、ライブに来た人もあのライブなのであれば

 

満足でき、この仙台の土地で20数年ぶりにTHE WILLARDがSOLD OUTでライブ出来た事になんだか感謝です。ラグも一興ですね。

 

とにかくオレの中で伝説の夜が一つ増えました。

 

 

そして次の5日は子供の日なので二日酔いでダイイングメッセージを残すためのダイニングテーブル探しに行きました。

 

行った事もない所にも行ってみようと、あの親子でバトルを演じた大塚家具にも行ってみました。

 

なんとも入った時点で雰囲気が違っていて「コイツ買う気ねーな」と見透かされた気分でした。

 

仙台駅前のちょっと横に陣取って、3階から7階までどーんと家具を並べ、入り口となる3階には店員が居るものの、その上の回には

 

ほとんど居ないという、これまた刺激的な家具屋さんでした。高いだけの事はある商品がいっぱいだったので

 

「なんだか良い商品なんだけどオレとの相性がね・・」とか言う意味深な表情を作って帰ってきました。BY 流木王

 

 

もう眠いのでつづく

 

 

 

 

at 00:55, ライジンガー, 音楽

comments(0), -, pookmark

スポンサーサイト

at 00:55, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment