<< haro君の日記(エイプリル) | main | haro君の日記(勇気の持ち方) >>

haro君の日記(近況の春 日本の春)

ぼくのーみぎめをしりませんかー ゆくえふめいにーなりましたー

 

 

おばんでがす。オレです。

 

なんとも久しぶりーふな日記になっちゃいましたが、引越しやらなにやらで、本来この時期は「流木王にオレあなる!」とか言って

 

はばからないのですが、今年はなんだか仕事もしやわせな事に途切れずに、流木王になれないで居ます。無念

 

引越しは震災前に仕事をしてた実家の二階に戻りまして、泉区民祭りが待ち遠しい感じです。

 

まぁいろいろあって戻ったのですが、今まで姪っ子が油絵を書くアトリエになっていました。なんだかその絵がかっこいいのです。

 

 

ちらっと飾ってみたのですがなかなか良いのです。本人は未完成なのでと言っていましたが、おじさんは耳を澄ませばに出てくる

 

地球屋のじいさんに憧れているので未完成でもいい「あなたはすてきです。」とか言って雲母片岩をあげたいところです。

 

カントリーロー

 

 

しかし、通勤があると渋滞にはまってしまい45分くらい掛かってとっても大変です、通勤ほど無駄な事はありません。寝室と職場が一緒だった

 

オレの意見ですが、でも出来れば通勤時間は短くしたいのが人情ですよね。

 

んで考えました。9時までに行こうと思うからサラリーメンとかぶっちゃって渋滞にはまるということを。ここはあえてフレックス出勤を

 

採用しようと決めました。まぁオレ一人なのでフレックスもなにもないのですが、そうなれば以前同様に自宅周辺で犬の散歩をしたあと

 

出勤してみたら、なんと渋滞無く行けて驚きの20分で着くのです。これはナイス判断ですナイスフレックス。

 

ガソリンの消費も少なくてウインウインの関係です。

 

ただ取引先は9時が始業時間なので、散歩中や通勤中に電話が掛かってきて「まだ仕事してねーのかよ」と自由奔放に思われて

 

人格を疑われるデメリットがありますがドンマイドンマイ、声出していこう。

 

 

あと、男の野営の聖地の畑も耕してきました。わりと本気な耕運機があって、説明書読んだらうねをワンタッチで作れちゃうみたいだったので

 

午前中でうねまで作ったら、親父がそんな機能が付いていたなんて・・とショックを受けていました。

 

何事も今のハイテク時代、説明書を読まないといけませんね。

 

ちなみにこちらの耕運機はヤンマーのポチというネーミングでした。

 

 

なかなかの働き者でうちのおはるとはえらい違いです。

 

 

あとはグランディは明日あたりオレが開花宣言するので、耳を掃除をしてすましておいてくださいね。

 

 

モクレンっていうらしい、

 

 

これはサクラ。間違いない。

 

あと練習もしています。メンバーの写真を撮ろうとしたらオレの財布が油揚げのようだとGREY君に言われたので

 

 

財布を取ってしまいました。なかなか45歳のおっさんが人前で出すのは勇気が要ります。

 

では失礼します。おやすみっぐんない

 

at 00:48, ライジンガー, 懸念

comments(0), -, pookmark

スポンサーサイト

at 00:48, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment