<< haro君の日記(夏) | main | haro君の日記(また一週間) >>

haro君の日記(お盆)

スキ スキ スキ スキ スキッスキ

 

ナニしてりゅ?


一休さんナニしてる

 

オーケーカモン

 

もうなんでしょうか寝不足です。4年に一回のスポーツのお祭りで大変ですね、そーでもないですか?

 

今大会は地球の裏側のブラジルでやっているので、見れないよーとか思っていたのですが、案外見れているのはただ自営業だからですね、

 

仕事が終わってシャワーでウォウウォウして晩酌する時間に競技が始まる為、テレビを前にへんな体制で応援し、変な体制で酔っぱらって寝て

 

腰が痛いです。不本意です。


その中でも昨日のウルスラ出身のバトミントンペアは逆転勝利、凄かったですねあの諦めない心、流木王の時期のオレにも見習ってほしいです。

 

 

ってか競歩銅メダル今取りました。スゴイ

 

 

そんな中お盆でした。おぼんこぼん

 

皆さんはお墓参り行きましたか?やはりご先祖様の供養は大事ですよね。なのでオレも行ってきました。

 

カッコイイでしょこのトラクターばーちゃんちにありました。

 

 

うちのお墓のお寺は非常に田舎にあります、そこのお坊さん、家業だけでは食べていけないので小学校?かなんかの臨時講師を兼任しています。

 

ちなみに奥様は家を出てまさに出家。どこかに行っちゃったようでなんか一人暮らしみたいです。

 

そんなハードボイルドなお寺なのですが、このお寺のお坊さん非常に良いのです。俗にいう生臭坊主の感は皆無です、

 

お葬式でもあんまりお金を取らない、戒名の付け方もすごいです。うちのじいさんの戒名に「神」の文字が入っています。

 

そんな事ってあるのかな・・とか思うほどです。

 

そんなお坊さん法事の時すごく丁寧にタブレットを使って仏教を説明してくれます。ブッタやお釈迦さまのこと死んだあとの浄土の事、

 

ばーさんが亡くなった時にも話を聞きましたが、とにかく小学生にもわかるぐらいのレベルで仏教のお話をしてくれるので、

 

非常にわかりやすく説明してくれます。

 

お経の話も魔訶般若心経はいろいろなお経の巻物の良いとこ取りして、コンパクトにまとめたお経だとか丁寧に教えてくれます。

 

しまいには紙芝居までしてくれます。おむすびころりん

 

んで今回お墓参りにお寺行ったらアンパンマンと共にこんな書き物がありました

 

 

二十代のぼればご先祖なんと!二十万!!

 

「辛」の字の上にあります幸いが♪

 

「私」にもみなにもいます仏さま♪ 

 

人生で今が一番若い時♪ 「わかいってすばらしい♪」

 

以下略

 

良い子のみんな、しっかり読んでね。

 

でも、お盆はあくまで仏教の儀式なのです。

 

日本は初詣は神社、12月になるとクリスマス、死んだら寺。そんな世界に類を見ない不思議な国なのですけども、それが許されるのは

 

トイレにまで神様が居ると言う、千と千尋の神隠しの、八百万の神 という概念。神社のある国の神道と言う学校でも習っていないけども

 

なんだか初詣しちゃう日本の形、ちょっと気を付けてみるとあらゆるところに神道の祠や仏教のお地蔵さんがあるのはこの国だけです。

 

なんでも受け入れてしまうこれってやっぱりすごい事なんだと、あらためて池上彰のテレビみて思いました。

 

 

そんなTVを見てオリンピック見てたら柔道はまぁわかるとして、日本の選手は異国のスポーツであるレスリングやバトミントンであろうと

 

一礼してからリングやコートに入る人が多いです、一体何に一礼しているのか?たぶん八百万の神の一つに一礼しているのでしょうね。

 

そんな事が理解できる国って実は日本人だけなのかもしれませんね。

 

 

しかし今回は実に強い。いい戦いをしている。という事でなんか今晩も変な寝方して腰を痛めそうです、早くオリンピックが終われ。。

 

 

 

 

 

 

at 00:48, ライジンガー,

comments(0), -, pookmark

スポンサーサイト

at 00:48, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment