haro君の日記(ゼンジバル2017その2)

晩酌しながら日記書くと、日本語が変になりますね。

 

「我々ライジンガー何度も参加させてもらっている、大体20回とか司会の人に言いましたが、

 

後で考えるとそんなには出ていない気がしますが、

 

とにかく忘れるぐらい出ているイベントですが、」

 

 

と が、 ばっかり。   レディーガガガ

 

 

その昔はちゃんと読み返して送信ボタンを押していたのですが、最近は晩酌しながら布団に横になりながら、ながら日記なので、

 

後半あんまり記憶が無く書いて送信ボタンをおしています。その瞬間を残す為あえて修正はいたしません。

 

 

と言う事で言い訳はしたので、ゼンジバルで撮ってもらった写真をupするぜぃ、まずはこの写真をクリックして大きくしてみてくれ。

 

 

どーだい?? 秋晴れの澄んだ青空にビル、そして公園の中心部にある滝。その前で演奏するライジンガー。清清しいです。

 

これを目に焼き付けてくださいね、でも人生はそんな甘いものじゃないのです。

 

いつぞやの土砂降りのゼンジバルの写真を改めて見てください、

 

 

 

 

 

 

 

 

これだもの、、

 

ね?こういう過去があるからこその、今回の天気です。

 

 

 

 

こうして人間は一つ一つ経験と言う名のレンガを積み上げていくものなのです。

 

滝前ステージ最高でした。

 

 

 

そして今回。ついに河北新報に我々ライジンガーが取り上げられました、実に苦節27年。ぐらい、、厳しいアマチュア時代でした。

 

 

なんとライジンガーのボーカルGREY君がなにやらテレビ放映された有名なタップダンサーよりも大きく取り上げられていました。

 

凄いよ、いよいよスターへの道が見えてきました。

 

記事の内容は、

 

 

サングラスに写る大勢の聴衆と青空。と言う事でした。なるふぉど。

 

せめて「汗を浮かべ熱唱するライジングライダースドライブのボーカル。」とか書いてほしいものです。こんな毛穴まで写っちゃうような

 

どアップにしたらむしろ誰だかわかりません。マニアにしか。

 

とりあえず、まだまだライジンガーはアマチュアで頑張れと言う隠れたメッセージは受け取りました。

 

もうこのさいアマチュアバンドのプロになろうと思います。

 

 

と言う感じで、翌日は同じくオリジナルロックを演奏し続ける漢たち、キュラソーの演奏を聞きに行きました。

 

ばしょは榴ヶ岡野外音楽堂。もはや定禅寺からは大分遠い場所だったけども、こちらはこちらでヒューヒューだよ。盛り上がっていました。

 

でも、キュラソーのライブをまじまじと見てしまったので写真撮るの忘れてセッティング時のしかありません。あしからず

 

 

新曲も演奏しちゃって、なかなか良い塩梅でした。

 

そして次のバンドエルドラド、オレが間違ってフェイスブックでロッキー君と間違い、同姓同名だったのでこのバンドのボーカルに申請してしまい

 

SNS上では友達の面識が無いバンド、凄かったです。

 

 

 

まぁ凄かったです。運営の人もたじたじって感じでした。

 

 

と言う事で。ゼンジバルに見に来てくれた方々、出演者、そしてこのイベントを支えてくれているボランティアの皆さん、

 

そして実行委員会の方々本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。また来年も出れたらいいなぁ。

 

 

おやすみないさ。

 

at 00:31, ライジンガー, バンド

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(ゼンジバル2017その1)

ゼンジバルでしたね。

 

 

今年も沢山のアーティストが参加され、天候にも恵まれそれぞれの素敵なゼンジバルがあったと思われます。

 

我々ライジンガー何度も参加させてもらっている、大体20回とか司会の人に言いましたが、後で考えるとそんなには出ていない気がしますが

 

とにかく忘れるぐらい出ているイベントですが、今年はそれまで出演したステージの中で一番良いステージで演奏することが出来ました。

 

朝目覚める、カーテンの隙間から太陽の日差しがバロックベンジャミンに当たっている。夕べ読んでいたアドラー心理学の本が床に落ちている、

 

そう、今日はジャズフェスの日だ。ベッドの上の愛犬のジョニーを起こし急いでシャワーを浴びる。夕べの残りのサンドイッチを

 

口に咥えジョニーと軽くジョッグする。

 

9月の朝の風はまだ残る夏の匂いと徐々に近づく秋の色を連れてくる。晴れ渡る空には一本の飛行機雲がある、この時間のあれは確か

 

ロサンジェルス行きだったっけ、ジェームスは元気かな、、

 

木立の隙間を抜け、ちょっとした川を渡ると見えてくるのは芝生に覆われた丘、ここで大きく深呼吸すると大地と一体になれる気がする。

 

ジョニーは不思議そうにこちらを見ている。

 

・・・・

 

 

イヤ、不思議なのはこう言うカッコつけて日記を書こうとすると一行に話が進まないと言う事だ。全部妄想なので忘れてください・・

 

現実は、免許取立ての初めて街中を走ると言う、初心者マーク全開の子供に乗せてもらい、危険と隣り合わせで勾当台公園に着いた。

 

とりあえず死むかと思った。

 

到着してライジンガーの演奏ブースに行くともう既にビシッとセットが組まれていました。なんだか東京から出演する人に機材全般を手配してもらい

 

地元で何回出たか分からない様な我々が役立たずと言う、なんとも困った状況でした。

 

でも、レッドとゴルはオレよりも早く来たのにも関わらず、セッティングが終わっていたと言う事だったので、兎に角その方にお礼を言って、

 

やることが無いので、ぼーっとした。

 

我々の前のバンドさんのAの音を聞きながら、ぼーっとした。フュージョン系のトリオバンドでゼンジバルの初めにふさわしい演奏でした。

 

そうこうしているとライジンガーの出番です。

 

ガイーン

 

終了。

 

滝前と言うナイスなステージと言う事で、我々の様なオリジナルロックを演奏すバンドをチョイスするのはかなりリスキーであるにもかかわらず

 

実行委員会の粋な計らいでナイスなステージにしてもらったので、誰もが知るバンド、ビートルズのあんまり知らない曲のカバーをしたり

 

あんまりしないお客さんに手拍子催促などして、ルイルイと楽しく演奏できました。

 

告知もこのブログとSNS程度しかしていませんでしたが、沢山の方々が着てくれて感謝です。改めて良いイベントだなぁと実感しました。

 

 

その後は臨時営業していた、定禅寺通りのだんまや水産でランチと言うかプチ打ち上げをしました。

 

飲んで飲んで飲まれて飲んで、しているとあっという間に時間が過ぎ、元ライジンガーのギターリストであったアイちゃんのバンド

 

アビシニアンの出番なので乗っけてもらって移動し、榴ヶ岡公園のところまで行った頃にはほのかに二日酔いの症状になっていました。

 

アビシニアン独創的な世界観をもった演奏で、ゼンジバルの午後に良い感じでした。

 

 

演奏が終わると土曜日のゼンジバルも終わり、別れを惜しみ、またいつの日か一緒のステージに立てる日を口約束しお別れした。

 

 

打ち上げ会場を探した結果、別の場所にあるだんまや水産が空いていたので、だんまや水産のハシゴをした。

 

オレはすっかりMAX二日酔いの症状で、あんまりお酒飲めませんでした。

 

 

一日目まとめ。

 

沢山の方々が忙しい中集まって来てくれて、非常に気持ちよく演奏が出来ました。

 

ありまとーぅ!!

 

 

うーむ翌日は次の日記でいいか・・眠いしグンナイ

 

 

 

 

 

 

 

 

at 23:54, ライジンガー, バンド

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(宣伝)

ルイ。ルイ。大和田獏です。 

 

 

間違った 太川洋介でした。

 

もういくつ寝るとゼンジバルですね。この地方では定禅寺ストリートジャズフェスティバルと呼ばれています。今年でなんと!

 

えとですね、、調べてきます・・

 

 

・・・・

 

え?・・・そーなの??・・な、な、なんと!27回目ですってよ!いやだわ奥さん!

 

27回目って行ったら四半世紀超えてるんじゃないですか?ってか27年とかもしかしたらライジンガー結成と同じなんじゃ?イヤ

 

違う、ちがう、そんなに経っているわけがない、、気のせいだ、気のせい・・

 

まぁ良いです。そんな細かいことは忘れて我々と共に歩み続けるイベントが今週末9月9日に行われますよ。

 

今年はワンアワーというコンセプトです。犬の何か?とか思っている人は英語のお勉強がちょっと足りていないようですね、ノンノン

 

ワンアワーとはね、

 

・・・・

 

エート、ちょっと調べてくる

 

 

・・・

 

おっと?違うぞっ? 今年のコンセプトじゃなくテーマは OUR SPACE です。

 

なんだワンアワーって?どこで覚えたんだ?オレ?

 

まぁ良いです。アワースペースです。泡スペース?あれ・・?男性が喜ぶ空間のことか?違うよ違う。

 

なんだろ、私たちの空間?的な感じですかね?わかんない、、

 

まぁ街を私たちの色に染めてしまえーって感じでしょうか、簡単に略すとつまり「ロック」と言う事ですね。

 

と言う事で今年もロックをするライジンガー、定禅寺でもなく、ストリートでもなく、ジャズでもなく、かろうじてフェステボーな

 

勾当台公園の滝前でロックします。ゴーゴー

 

9月9日午前11:45分!貴方のハートをロックオン!今回は特別、入場無料です。   ウソ いつだってゼンジバルは無料です。

 

ご近所お誘いあわせの上お越しくださいませせま。

 

 

あと今日実家に訪れる二匹の野良猫が珍しく揃ったのでパパラッチしました。

 

 

黒猫はクロで、三毛猫はミケって呼ばれています。クロは懐っこく触ると爪を立てて遊んできて怖いです。ミケはいっこも懐きません。

 

どっちがいいかと言うとオレは猫アレルギーです。

 

 

そそ、ハリルジャパン凄かったですね。あの冒険的な布陣で挑んだワールドカップ出場の掛かった大一番のオーストラリア戦

 

いまだ一度も勝った事の無い相手に、若手の起用がズビシッと決まり。終わってみれば2対0。すばらしい勝利でした。

 

 

個人的にハリルの次の監督が以前ベガルタを率いた手倉森監督になって、オリンピックで活躍した若手でチームを組み次の次のワールドカップが

 

見たいですが、まずはロシアワールドカップですね。わくわくさせてよ。byみぽりん

 

 

あと練習もしています。練習しすぎて顔が皆似てきました。

 

at 00:06, ライジンガー, 音楽

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(鳥になった男とJアラート)

ゼンジバルって知っていますか?

 

知っています。

 

では鳥人間って知っていますか?

 

 

今年ついに人間は鳥になったのかもしれません。

 

鳥人間コンテスト、もう何回目なのかは調べてないけど、歴史を塗り替える事件がありました。

 

ライト兄弟はエンジンを使い空を飛んだ、北朝鮮はジェット燃料を使いミサイルを飛ばす(拉致すんな!)そして日本人は鳥人間として

 

人力で大会でパーフェクトの飛距離40kmを達成しました。

 

これは人間の限界そして科学の力がまさに融合しなければ達成されない出来事です。人力で40kmの飛行ですよ?ちょっと冷静になると

 

凄いことです。空気力学、航空力学、さらに人体構造学の推移を結集させなければ決して到達できない偉業です。

 

人類はこの日鳥になったのです。

 

しかも鳥人間コンテストの凄いところがその日の天候までも味方にしなければならない事です。過去にも様々な戦いがあった、向かい風によって

 

こいでもこいでも前に進まない、そんな大会、横風によって物凄いロスを余儀なくされた大会、通信系トラブルで一体自分が琵琶湖の

 

どこに向かって飛んでいるのか?分からなくなってしまう大会。幾度と無くそんな不運も乗り越え、今年ついに人間は鳥になったのです。

 

 

とまぁ、こんなに熱く語ったわりにはリアルタイムでは見れなくて、後から録画したのを見たのですが、このネット情報社会。

 

知りたいことがすぐ分かる、それはそれで良いのですが、人間がついに鳥になった、飛距離40kmの前人未到の快挙を成し遂げたと言う情報を

 

yahooニュースで見てしまいました。

 

コンテスト自体は見ていないので実は嬉しさ分、せつなさ半分でした。

 

んで、見た感想として。

 

yahooニュースでは、なんでも早稲田の彼女と抱き合うリア充と、大学時代、鳥人間になり切れなくてその後社会人になっても夢を諦め切れなくて・・

 

と言うストイックすぎて、色恋の欲望を捨てた男の壮絶なるバトルがあった。ような内容のニュースと書き込みでした。

 

でも実際に40km飛んだ男はそれとは別の人物で、映像を見た感じなんともあっさり飛んでいました。我々鳥人間コンテストファンは

 

その人生での挫折と苦難のドラマに引かれるのですが、その前代未聞の達成した人物は割と有能な会社のサポートと本人の強い意思とで

 

偉業を成し遂げてしまいました。伝説とは実際はそういうものなのかもしれません。そして来年からは40kmをいかに早く飛びきるか?

 

と言うひとつ上の次元のステージになりました。

 

 

 

しかし、今日の朝は皆さんも6時に起きましたよね。あのJアラートで。どーなんでしょうか?

 

朝犬の散歩していたら、あの警報のおかげで犬が驚いてしまいウンコが出ないと言うお話を聞きました。

 

アラートのせいだと言う人も居ますが、違うのではないでしょうか?健やかな朝寝ぼけ眼の上空にミサイルを飛ばす奴が悪いのであって

 

Jアラートは地震のときの緊急地震速報と同じだと思います。

 

コレを発信するな!と言うのはどーかと思います。

 

文句を言う相手は何を考えているかわからない黒電話の受話器を頭に載せた様なのトリッキーな髪型の男なんですが、、

 

まぁいっこも人の話を聞くような男ではないようです。勘違いしている人の中には一緒に酒飲んで話せば分かる。なんて言いますが、

 

オレは知っています身近に居るクドイーズの面々と飲んで話なんかしたら、むしろケンカになります。もしくは理由が分からなく号泣する

 

奴とかでて、ラチがあかないです。しかも北朝鮮は言葉が違います。その上、相手は親戚兄弟を殺害するような人です。

 

本当に酒を飲めるのでしょうか?

 

 

じゃぁどーしたら犬のウンコが出なくなるような事態が防げるのか?です。問題は。

 

オレは思います。それはロシアを見れば一目瞭然です。あの国に仮にミサイル飛ばそうものなら、ムキムキのプーチンは黙っては居ませんよ。

 

やったらやっちゃうよ?まさに、おそロシアです。それが抑止力と言うものです。

 

ヨーロッパも同じくEU諸国になんか攻撃をしようものなら、EU連合諸国は軍事同盟の名の下反撃に出ます。それが怖いから攻撃しないのです。

 

では今の日本の状況を見てみましょう、完全に無防備です。何せ自衛隊ですら憲法違反と言われていますから。やられたらどーしましょう?

 

遺憾砲という「遺憾です。」と言う言葉の砲撃意外には、憲法9条と言う謎の盾しかありません。大丈夫なのでしょうかその盾?

 

既にガンガンミサイル撃たれていますが?

 

そろそろテレビのワイドショーに踊らされること無く国民一人ひとり考える時期になってきているのではないでしょうかね?

 

自分の命は自分で守るコレ基本。で、さらに国に守ってもらいたいのなら、国にその権限を与え無ければなりません。今それが無いのです。

 

現状では70年前に出来た日本国憲法を守ると命が守れないのです。一体命と憲法どっちが大事なのでしょう?

 

この国は民主主義です。投票権を持つ大人は今一度考えなければならない時期に、ってか、まぁもうすでにミサイル撃たれているんだから

 

そんな時期はとっくに過ぎているんだけども、自分、家族、友人、大切な人の為にも考えなければいけない時です。

 

 

と言う事でもう一杯飲んで寝ます。グンナイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 00:42, ライジンガー, 懸念

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(8月だけども)

こんなにエブリデイ、エブリナイツ、話したくない。

 

だとただ仲が悪くなるだけなので、気をつけなければならない。

 

 

さて、スパイダーソリティアのしやすい土曜の夜みなさんはイカがお好きですか?よっちゃんのヤツ

 

先週もいろいろあったようで、そうでもなかったようで、とにかく覚えていません。でも写真とか見て思い出します。

 

 

うーむ、あんまり行動していない様です。雨だったからでしょうね。とりあえず先週の月曜日は海へ行きました。8月11日は山の日で油揚げを

 

落とす日で山は調子が悪いので、海に行ってきました。朝から仕事が来るとか来ないとかだったので部屋の隅で体育座りをして自宅待機していると

 

一向に電話が無く、雨もやんで来たので久しぶりにランクルに乗った。

 

エアコンが直らない限り、夏真っ盛りに乗るのはあまりに酷なので、冬眠ならぬ夏眠していたのですが、今年の夏はさっぱり暑くなくて

 

雨が毎日降ってきて、雨漏りして錆びるのでこちらも乗れない雨眠だったのですが、曇りだったので行った。

 

どんより雲の下、乗って居なかったランクルは体の不調も無く、ぼびーんと走った。そういえば6月の車検でマフラーを交換したのだった。

 

センターマフラーと言ってセンターに位置するマフラーが、錆びの上に錆びを重ね、ディーゼルエンジン特有の揺れによって今にもポキっと

 

折れそうな感じだったので、町工場の人に相談したらなんと、驚いてください。昭和56年式の車のマフラー未だに新品が手に入るのです。

 

恐るべしトヨタ部品。

 

と言う事でセンターマフラーだけは新品なので快調に海までいけました。

 

海と言えばこの雨続きの日々ですっかり忘れていましたが、自分の本職は流木王だったことに気がついたのですが、なにぶん軍手を持って

 

きていないので、雄三加山の歌を一曲歌ってお茶を濁して帰ってきました。

 

 

あと散歩で今年は秘密の日陰を見つけて炎天下の夏を乗り切る予定でしたが、一向に天気が回復せずに、いつものコースを歩けるので

 

なんだかトトロのさんぽを歌ってお茶を濁して帰ってきました。

 

 

あと、長男が遅れた盆休みで帰ってきたので髪を切ってもらいました。床屋代が儲かった。

 

年を増すごとに徐々に髪を切るのも上手くなってきたものの専門学校の学費を返してもらうまで、オレの頭髪が持つのか?との戦いだなと実感しました。

 

 

あと、油揚げが無くなって数週間。茶封筒をサイフ代わりに使っていたら、見かねて子供が買ってくれました。ラッキーでした。

 

と言う感じで8月もすっかり終わり気味ですね。先週末はこの辺りでは一番最後の花火大会、泉区のふるさと祭りがビシッと開催されました

 

曇天の日が多かったのに天候に恵まれ、最高の花火今年も実家の屋根から見れました。もちろん電線越しです。

 

 

と言う塩梅で夏もそろそろ終わりなのでもう少し晴れるとよいですね。 そーですね。(いいとも風に)

 

 

 

 

 

at 23:58, ライジンガー,

comments(0), -, pookmark