haro君の日記(開幕)

ワールドカップ開幕しましたね。

 

でも今日は大阪方面で地震もあって大変な日になってしまいました。備えあれば憂い無しです。寝床には靴を置いておくのが良いらしいです。

 

なぜって?カッコイイから。

 

ちがう

 

物が落ちて割れたものが散乱する、寝起きで家中を確認中に足が血だらけになる、と言うのを避けるようです。

 

まぁやおら寝起きでそんなに落ち着いて靴を室内で履く余裕があるのかははなはだ疑問ではありますが、オレは置いていますカッコイイから

 

と言う事でしばらくの間余震と過信に気をつけて過ごして下さい。

 

 

さて、そんな中昨日は父の日だったのを知っていますか?同じチチでもおっぱいの日だったらもっと盛り上がると思うですが、如何せん

 

親父の日とかなると加齢臭漂います。でも、世の中のお父さんは案外日夜頑張っているのです。

 

 

やまやに行くとこんなのが無料配布されていました、オレが持ってきてしまった場合誰が誰の肩を叩くのか?万が一部長に渡った場合

 

肩をたたかれる=クビ、みたいで冷静になると不吉です。

 

オレの場合とりあえず感謝されていないみたいだったので、子供が乗って調子の悪くなったバイクでお気に入りのワインディングロードを流しました。

 

虎武竜のロードではありません。すると岩切城址を過ぎた場所でエンジンがふけなくなって止まっちゃいました、、

 

ほぼ手ぶら、あ、あの手でおっぱいを隠すほうじゃなく、何ももたずに出かけたので、何も出来ず押して帰りました。

 

夕べは酔拳で飲み放題をして文字通り暴飲暴食を行い、リバース地獄にはまり朝の10時まで具合が悪かった男が今、人気の少ない岩切城址から

 

バイクを押して帰るハメになるとは、トホホです。

 

悔しいので唯一もって行ったアイホンで一枚写真を激写

 

 

カッコイイだろ、でもこれエンジン掛からないんだぜぃ?

 

タッチの上杉達也の言葉のようにつぶやきながら押して帰ったのですが、城址という立地条件もあり下り坂ばっかりで、スーンと

 

音なしの電動バイクのように山を下りました。

 

とりあえず家についていろいろ弄ったらエンジン掛かりましたが、いつ止まるかわからないので怖くて乗れません。ロック

 

 

あと、畑に行って雑草と戦ってきました。非常に激しい戦いでしたがタマネギ、ニンニク共に順調に育っていました。

 

 

去年イノシシに2度も襲われたポテリンも今年は被害にあうことなく順調に育っています。上手に出来たらポテリンパーティを開くので

 

良かったらドレスコードでいらして下さい。

 

 

あと、流木王もプチ復活。これで鏡もなくなったので、IKEAで8枚も補充してきました。まだまだ作るよー

 

 

あと、グランディマスターとしては謎の陶器市が開催されていたので、偵察をしてきました。

 

 

 

なんの話も聞いてなかったのでビックリでしたが、陶器は国産がもっとうなので今回はおおめに見る事とした。来年は一度連絡をもらいたい所だ

 

あと、グリスアップした。しってますかグリスって?オイルのもっとデロデロしたやつ、これね

 

 

グリスガンというのにこのジャバラのグリスをインしてブチューっとアウトするとなんだかハンドルの動きとかサスペンションの動きが凄く良くなります。

 

コーナンPROで売っています。普通のコーナンや近所のホームセンターでは入手できません。PRO。プロでないとダメです。

 

そしてグリスもちょっと高級のモリブデン配合です。モリブデンという言葉が好きでコレにしましたがモリブデンが何者なのかはしりません。

 

 

あと、練習もしています。

 

 

鳴子音楽祭にも応募したので、温泉に入りがてら審査受かったら見に来てください。モリブデン

 

 

 

 

at 23:54, ライジンガー, 懸念

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(ヨンマルミーティングEAST2018その2)

早くも一週間が経ちました。

 

ヨンマルミーティングEAST初参加。1人で行ったにも関わらず非常に楽しく過ごせました。

 

もしかしたら一人ぼっちでいっこも馴染めずに、万が一のために持って行った「ホモサピエンス全史」上下巻をヨンマル乗りの方々が談笑している中

 

端っこのスペースで完全読破するのではないか?と実際不安でしたが、まったく心配いりませんでした。

 

とりあえず金曜の夜9時にスタートし、東北自動車道を南下するとびっくりするほどライトが暗く、日ごろ乗っている幹線の明かりがないと

 

この車のライトはこんなにも暗いのか・・と実感しました、夜道のドライブ最高速度80キロとはいえ結構神経を使うので

 

途中のサービスエリアで仮眠を取ったら、あっという間に夜が明け、6時にこれだったら出発前に自宅の布団で仮眠してから行けば良かったと思いました。

 

でもワクワクしてジッとしていられなかったのです。ミポリンのせいです。

 

本来はETCを駆使すると3割引きの高速料金で行けるという噂の深夜割引を使いたかったのですが、いかんせんこの7年間高速道路に乗る機会が滅多にないので

 

ETCって何?美味いの?って感じだったのですが、いざ静岡まで行くぞとなって貨物1ナンバーの高速料金を調べたら鼻血がでました。

 

片道13500円ぐらい、それに燃料代をプラスして計算すると出るでしょ?鼻血。

 

でも、気づいた時にはもう前日でETCとか付けられないので、鼻にティッシュ詰めて行きました。

 

朝方やっと圏央道という都会の高速道路を走っていると、朝から事故渋滞・・朝なのに事故って都会は怖い、まぁどこでも事故は待ってくれませんけども

 

 

しばらく微妙に進んだり止まったりを繰り返す訳ですが、こっちとらマニュアル車ちょこっと進むたびにクラッチ操作で左足が段々

 

感覚がおかしくなってきました。なので思い切って高速道路を降り、下道で現地に行こうと思い、こんなこともあろうかと

 

姪っ子にもらった型落ちのカーナビで再検索をしてスタート。でも説明書が無いためどーしても高速道路に乗せたがります。

 

ハイテク機器はよくわからないのでアイホンで検索どーやら山を抜けていくと近い事が判明。もちろん最短距離で行くじゃない。と

 

山道を選択しました。その選択は結局ここからの100数十キロに及ぶ下道の厳しさを思い知るのには十分すぎる道でした。

 

 

道志という初めて聞く場所に出た。渓谷そして絶景に次ぐ絶景。どーやらライダーのツーリングコースとして有名のようで、カーブの多い

 

昭和の車には非常に厳しい道でした。

 

きっと富士山がこの先に見えてくるはずだ。その思いだけで走らせること3時間強、山中湖という聞いたことがある湖に出ました。

 

 

そしてこの雲に隠れている山がマウントフジである。

 

思えばこんなに近くに富士山見たことないなぁ、新幹線に乗って窓から、飛行機に乗って上空から、そのくらいだったので感動するかと思ったけど

 

雲だったのでそーでもなかった。

 

このあたりで白いヨンマルに出会いました。きっとミーティングの地は近い。

 

でも案外ここからもありました。そんで現地に着く前に買い出しをしなければ、とスーパーマーケッツを探すも見当たらない、富士山の近くって

 

きっと人とかいっぱいでスーパーなんかいっぱいあるだろう、と舐めて来ていたのですが、案外無くて焦った。

 

このままスーパーが見つけられずにコンビニのおかかおにぎりを食べてキャンプ場の隅っこで「ホモサピエンス全史」を読むとか考えたくない

 

折角スキレット鍋も持ってきたのに、仕方ないのでガソリンスタンドに入って情報を聞く。ありましたマックスバリュー次の信号を左に山を下って

 

行くとあるよ。との事だったのでそこへ向かう。

 

マックスバリューに着いてホッと一息。財布と携帯を手に持ちとりあえずトイレへ。スッキリ。朝のスッキリよりもスッキリ

 

今晩スキレットで焼くものとか朝食べるものを鼻歌交じりで物色。レジに向かってポケットに手を入れるとナイ!

 

ナイナイシックスティーン、携帯も財布もナイ!そうトイレに置いてきたのでした。

 

慌てて買い物かごを置き、トイレへまるで我慢できない人のように走る、そして用を足したところに戻るもナイ!

 

あんなにスッキリしたのは手に持っていたものまで置いてきたからだった、もうここまで来て一文無しって・・・と悪夢がよぎる

 

クレジットカードもキャッシュカードもないで、さっき燃料は入れたから何とか帰れるけども、ミーティング会場の目と鼻の先まで来て

 

帰るのかしかも下道を・・とか考えながらもサービスカウンターをカウンター気味で訪れるとカウンター気味に名前を聞かれた。

 

「はいそうです」と告げる。お客さんが届けてくれて中身を確認した直後だった模様で、無事に手元に戻りました。

 

届けてくれた見ず知らずのお客さんありがとう。ここが日本でよかったです。つーか何やってんだかオレ・・・ってかほんと助かりました。

 

と言うことで、ドキドキ収まらないまま買い物続行。肉コーナーに着きこんな時は高い肉を買わないと罰が当たるとかなんだか変な思考に陥り

 

ちょっと高い肉を購入。

 

ドキドキしながら店を出ると、うちのヨンマルを見ている方がミーティング来た新潟の方でちょっとだけお話を。今さっき財布無くして焦ったという

 

話は初対面なのでしませんでした。

 

気を取り直して会場へ。受付のところに行くとオレはyoutubeとか見て一方的に知っているのですがスタッフの方が声を掛けてくれました

 

「Facebookで怖い顔のせてた人だよね?」とか言われてそー言えば過去に

 

 

こんなの載せててこれを覚えていてくれてたみたいでした。やっぱり変なののせておくべきですね。

 

ということでおすすめスポットを教えていただきそちらへ駐車。

 

 

お隣さんに挨拶をするとお隣の県からの参加で常連さんだったのでその後たくさんお話させてもらいました。

 

その後も何となく集まっているところに行き、話を聞いていると、まぁなんともマニアックな話ばかりで凄かったです。

 

例えばヨンマルのウオッシャーの出る所、一回出しちゃうとノズルからちょちょっと残尿気味でウオッシャー液がこぼれる、とか

 

ハチマルのガソリンエンジンに積み替えるとボンネットにちょっと当たるので内張をはがすとか、最初にサビが出る場所とか、

 

まぁほんとヨンマルあるある話で、あっという間に日が傾いて夕方になってしまいました。

 

 

名前も住む場所も全くわからないのですが、同じ悩みをもち同じ快感を味わっている同志のような感覚に包まれました。

 

オレのヨンマルも下からのぞき込まれ「ブレーキホースもだめだねこれ」そのうち「すかっと抜けるよブレーキ」とか悩みの一つハンドルのがたつきの

 

事も「ここだよここ」とか直ぐに教えてくれる人もいれば、ハンドルのガタ?「この車の味だよ」とかいう人までいて面白かった

 

セルシオの4Lエンジンに積み替えて、一体どれだけの費用が掛かったのかと聞くと平気で300ぐらい?とか言っていて、

 

「はっ??」とか反応すると「え?だって20年乗ること考えたら安いっしょ」とか「だってほかに乗る車ないじゃん」とかカッコいいセリフを

 

とにかく凄い意気込みでした。

 

かと思えばお隣ではハンドルの付け根のネジが振動で緩んじゃってネジ山が削れちゃったという事で、ネジにネジ山をやすりで削って作っている人が居て

 

もう次元が違う世界に飛び込んだようでした。

 

たまたま隣に並んだ赤いヨンマルはお話を聞くと同じ年式でまさに兄弟でした。37年の時を経て今ここで逢う、なんだかドラマチックでした

 

音楽でいうとハードコアの様な世界で、一日目は完全に圧倒され過ぎ去りました。

 

 

すっかり忘れていた富士山もそのころになると顔をだして居て、なんとも今オレは良い時間の過ごし方をしている。と実感しました。

 

 

という事で良い肉焼いたり

 

 

フォルモン食べたりして夜になっていきました。

 

 

気が付くと酔っぱらって寝てて朝になっていました。朝と言っても4時だったのでいつもなら夜です。

 

 

今日は富士山がスッキリ見えます。

 

 

まだ皆寝ていますね。オレはこの時間を利用して盗撮動画を取りました。

 

んで朝食。

 

 

ガーリックトースト焦げ付き。朝から富士山見ながらのコーヒーは格別でした。

 

 

そしてまたヨンマル談義に参加。朝も濃厚なお話を聞きました。

 

そろそろメインイベントの記念写真を撮るためにあの富士山の5合目まで登ります。この集合写真と一列に並べるコンボイはyoutubeで何度も

 

見ていたので、必ず参加したかったのでお隣さんについて行って登った。

 

 

ヨンマルは大体はディーゼル車なので黒煙をモウモウと吐きながら登っていきます。それも何だかすごかったです。

 

そして駐車場へ!ばーいーん!

 

 

何台そろったんだか圧巻。

 

 

緊張気味

 

その後コンボイへ

 

 

こちらも凄すぎました。お天気も最高で道路の彼方までヨンマルが続く光景

 

 

という感じでテンションも上がり「ではキャンプ場に戻ります、ゆっくり前の車について行ってください」の声に言われた通りに

 

ひたすらついて行ったら、違うブースに着いちゃって、元居た場所に戻れなくなってしまいました。

 

なのでキャンプ場の端に停め小休止

 

 

 

その後念願のカフェ41のタイカレーを食べ、昨日とは違うヨンマル談義をして1時過ぎにお話した方々とスタッフの方に挨拶し帰路へ。

 

帰りは教えてもらった来るときにかわした首都高を抜けルコースで帰ってきました。一回も寝なかったら8時間半ぐらいで着きました。

 

 

そして日常へ。ってかその後前回の日記の動画を作っちゃったのでした。まぁ失敗でしたけどね、

 

行って来いで1000キロオーバーの旅でしたがヨンマルは今日も元気に走っています。

 

 

予想をはるかにこえる楽しいイベントでスタッフさんの努力の上にそれが成り立っているんだと思うと、ホント頭が下がります。

 

ヨンマルミーティングEAST来年もまた行きたいです。ありがとうございました。

at 19:24, ライジンガー,

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(ヨンマルミーティングEAST2018)

行ってきました。静岡に。ヨンマルミーティングEAST2018と言うランドクルーザーの中でも40系に特化したイベントで実に楽しいイベントでした。

 

この日記の読者にもその楽しさを伝えたいと思い、今回は文章よりも映像でお伝えするために動画を作りました。

 

 

 

そして結果から言うとその動画は失敗でした。

 

 

 

でも折角作ったのでみてください。見終わると不思議と車酔いのダウナーな雰囲気が味わえる作品となっております。

 

二種類あります、手振れ補正ナシの正規版と手振れ補正アリの海賊版。どちらでも酔えます。

 

細かな反省点は改めて後日記者会見を行いたいと考えております。敬具

 

 

正規版(手振れ補正ナシ)

 

 

海賊版(手振れ補正アリ)

 

 

 

at 18:13, ライジンガー,

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(松島パークフェスティバル2018)

松島パークフェスタボーでした。当日はお天気もよくフェスタボー日和でした。

 

毎日の日課犬の散歩を済すませ、犬の散歩友達に乗っけられて松島へ向かう。

 

今回自分たちの出番は3時過ぎからではあったものの、とっびっきりのフェスタボー日和だったので早めに行く事にした。

 

松島インターを過ぎ、山を2つ3つ越えると高台から一気に眺望が開ける、ここからの松島はまさに松島だ。松島海岸駅を降りて海へ向かってしまうと

 

なんとも松島って・・あんまり島見えないね・・ってなっちゃう、ワクワク感って言うの?出来れば車で行って欲しい場所です。

 

駐車場から歩いて駅前へ向かう。何せ今回ライジンガーのステージは駅前ロックステージだから。駅前のロック座ステージではないです。

 

仙石線のガードを潜り抜けると、見えてきたあの町内会の旅行で行った松島水族館の跡地が駅前ロックステージだ、

 

今はすっかり水族館の面影も無く、ただただ広い土地に砂利が敷き詰められたそんな夢の跡の様な場所に、ドドーンとステージがありました。

 

今後この場所が何になるのかはわからないけども、とにかくこんな場所で演奏する事は二度とないのではないかな?と思いながらも

 

2番目の出演バンド、ウサギさん&アイちゃんひきいるミラボーチョップスティックを観る。

 

相変わらずのファンキーなボーカルと哀愁のギター、土佐日記や、ペペロンチーノにんにく沢山入ってるぅ?が気になった。

 

 

青い空、白い雲、新緑の木々に囲まれて、気持ちよいステージ。

 

トイレに行くと別の場所にタガレンジャーと良くわからないレンジャーがいた。レンジャー日和

 

 

その後エスパルズというバンドを観て、それに伴って激しく踊るおじさんを鑑賞。

 

 

激しく踊るおじさんを見たい人はインスタグラムへどうぞ。いんすた

 

おなかが空いたので、グレイ君とレッドとアニーとで「漁師の海鮮」と言う名のお店に、

 

もちろん漁師の海鮮というお店なので海鮮を頼んだ。

 

 

・・のはレッドのみでオレはカキフライ定職

 

 

グレイ君およびアニーはブタの生姜焼き定食を注文。漁師泣かせだ。

 

だけどもなかなかのボリュームと味で、生ビールも美味しくて大満足だった。

 

 

そのあとベビーブームを観に行くとグレイ君に異変が・・?

 

 

よく見ると

 

 

サングラスのレンズが取れていました。

 

 

とってもオシャレな音楽を奏でるベビーブーム

 

 

そんなこんな遊んでいると自分達の番になったので、ガイーンと演奏。

 

 

お天気も良くて気持ちの良い中で演奏できました。ミスとかあったかもしれませんがフェスタボーなのでどんまいどんまい

 

お集まり下さった方々に感謝感激です。

 

 

その後、道端で焼酎をストレートで飲む危険な人達を観察したり。

 

 

m/o/k モッケを見たりして。

 

打ち上げは松島駅前のTOTOというお店、トイレにまつわるお店ではなく、おしゃれイタリアンレストラントで一本5800円もするワインを

 

数本空けた。隣の席ではおばあちゃまの70歳の誕生日をお祝いの真っ最中で、我々も一緒にお祝いした。

 

とっても良いお店なので皆行ってもいいんだからね、ツン。

 

 

 

あとお隣のイルカフェというお店も素敵なので行った方がいいと思う。

 

 

そして帰りは電車。なんと東北仙石ラインなるものがあって、今まで岩切からだと一度仙台に出てからじゃないと行けなかった松島海岸駅

 

それが乗り換え1回でクールに移動できる路線があった、松島観光はより手近になりましたね。

 

と言う事で今年はまさに朝から晩まで松島を堪能した一日でした。センキュー

at 00:09, ライジンガー, バンド

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(わたし松ぱーいつまでも松ぱー)

こんばんはタモツです。

 

なんでしょうかイロイロあった気がしますが残念なことに半分忘れていますので、ダイジェストでお送りします。

 

 

 

とりあえず伝えて置かなければならない事は今週末は松ぱーこと、松島パークフェステバル&カーニバルです。

 

とびっきり愉快なフェスタボーなので皆さん来るといいと思います。いろいろなバンドが見れますよーもちろんライジンガーも。

 

ライジンガーの出番は大切な事なのでもう一度冷静沈着になってお伝えします。

 

 

場所 松島水族館の跡地、マンボーとか泳いでいた所

 

日時 5月27日ビューテフルサンデー、魅惑のアフタヌーン3時10分〜

 

 

ガイーンとやるのでビール片手に見に来てみて下さいね。

 

見に来ないと・・この芭蕉が黙っていないかも・・

 

 

怖いよね・・

 

 

と言う事で、先週はプチ流木王になるため海に行きました。

 

 

堤防工事が流木王の聖地にまで到達し流木がほぼほぼ撤去されていました、そんな過酷な条件化の中でもやはり「流木王にオレあなる!」

 

と言って何となく拾ってきました。

 

今回流木王が作りたかったのはトライポッド。 知ってますか?トライポッド?

 

まぁ知らないでしょうね。なんつかーか、こう、3本の柱を立ててその中心から紐たらして、真ん中で火をたく。そんなアウトドアの

 

セクシスィーアイテムです。こんなの

 

 

これだとなんだかわからないでしょうが、この木の中心から紐をぶら下げて、ダッヂオーブンとか引っ掛けて芋煮とかするのです。

 

 

なんだかアウトドアって感じです。でも如何せん平日の夕方だったし、1人で芋煮というのも夕暮れを向かえ寂しさを助長する事請け合いなので

 

普通にBBQコンロで肉焼いて食べました。体調も良くなかったので本来は焚き火の火を見て人生を考える、とかしたかったのですが

 

8時に寝ました。

 

翌日6時半起床、めちゃくちゃ寝た。体調も良くなった気がしたので草むしり、草刈りをした。

 

 

吉宗と言う長靴がオレの相棒。

 

もう1人の相棒は日陰で休憩

 

 

畑の雑草を取りまくってウイナーになりました。

 

 

センキューベイベ

 

と言う感じでイロイロあったはずですが記憶がこれぐらいしかないようなので失礼します。

 

松島パークフェスティバルでは思い出すかもね。ギャフン

 

at 00:16, ライジンガー,

comments(0), -, pookmark