haro君の日記(男の野営デュオ その3)

山の夜は寒い、そしてついに降り出した雨、実に男を磨くにはよい試練だぜトゥナイト

 

そんな意気込みではあったものの、やはりこのままストーブを囲んで飲み続けるとそのうち酔いつぶれて、寝返り打った足で

 

ストーブを蹴飛ばしてフライアウエイしそうな気がしてきたので、まず寝床を作って安全確保して、それから飲もうぜ!と提案。

 

寝床をセット、ふむふむ、どれどれ寝心地はどうかな?と横になると、気づくと

 

午前2時でした。ダリーさんの膨らましたエアーベットが寝返り打つたびモキモキ鳴る音で目が覚めました。

 

はっ⁉なんだよ!男の野営9時半就寝かよ!

 

と慌てて起きたら雨がさらに強くなっていたので、水を飲んでもう一度寝た。

 

 

再び隣のモキモキの音で目を覚ます午前5時

 

昨夜の事はあんまり覚えていないけども変な動画が残っているので楽しく飲んだようでした。

 

外に出ると

 

 

良い塩梅に霧に包まれていました。

 

過去の野営では夜は雨でも朝は晴れていたはずなのに、今回はデュオだからかまだ降っています。

 

仕方がないのでコーヒーを入れて、朝食用に買っておいたランチパックをモーニングパックした。

 

ストーブの上でちょっと焼いて食べると外カリッ、中冷たく、いまいちでした。もっと焼くと良いみたいです。

 

 

そして、一息つくと、もう何もやることがない事に気づく。

 

男の野営は基本夜がメインなので、朝は正直二日酔いで遅く起きてウダウダ撤収して帰る、というスタイルなのですが、

 

思いのほかメインの夜に早く寝ちゃって、寝不足どころか寝すぎ、しかもストーブのおかげでいっこも寒くなく快適だったのです。

 

試練感がない・・どうしよう?

 

昨日は久しぶりの男の野営を行うという事で、ワクワクして準備していたのだけども朝になると我に返り、飲みすぎていくぶん顔がむくんだ

 

おっさん二人がストーブの前でパンを食うシュールな画になってしまいました。

 

 

仕方ないので撤収準備をする。

 

 

薄っすら泉ヶ岳も見えてきた。これは晴れるぞ。

 

撤収準備も2人分なのでサクッと終了。雨も上がり7時半。帰宅の路へ

 

「いやーなんだか速攻寝ちゃったねー」とか話していたけども、このままだとネタ的に足りない気がしてきたので、なにか4年前には

 

なかった事を、と考えていたら「朝ラー」を思い出しました。早速4年前には無かったアイホンで「泉区 朝ラー」と検索すると

 

出てきました「ウーフーシン」丁度帰り道。決まりだ。

 

さっきランチパックを食べたばっかりだったけども、そんな事はなかったかの様に店へ向かう

 

やっていました朝ラー。

 

 

700円とちょっと朝ラーとしてはお高めかと思いきや、注文するといきなり湯気が出ている豆腐を出されました。

 

「頼んでません」

 

と告げる前に、「何もつけずにそのままお召し上がりください」と言われたのでその通りにした。

 

なるほど豆腐だ。

 

おそらくは寝起きの身体にまずはやさしい温かい豆腐を、というコンセプトなのだろうと感じ取ったが、

 

こっちとら朝5時にモキモキ音で起きてランチパック2切れも食べてコーヒー飲んでほっこりして撤収作業までした後、残念。

 

塩分なしの温かい豆腐でした。

 

 

豆腐を食べ終わりしばらくすると常連さんらしき人が入店。「おはようごさいます」店員に話しかけています。「あれ?ちょっと痩せた?」

 

とかどーでもいいやりとり話を聞いていると出来てきました。

 

 

わかめたっぷりのさっぱり魚だしラーメン。ダリーさんにおごってもらった事もあり、これなかなか美味しかったです。

 

おなかすいていなかったけども、完食。スープもとっても上品で、わかめがモリモリ入っていたら普通わかめの風味が強すぎるはずなのに、

 

全然そんな事無くて顔がむくんだおっさんにもやさしかったです。

 

 

と言う感じで男の野営デュオは成功を収めた。センキューベイベ

 

 

 

男を磨きたい人やモキモキしたい人はご連絡ください。男の野営トリオ、カルテット、クインテット、と行って男とは何かを見つけたいです。

 

 

 

んで、自宅に帰ると9時前だったので、寝不足でも二日酔いでもないので市民広場で行われたオールドカーフェスティバル?に行った。

 

 

アルピーヌA110 かっこよすぎ、漏れそう

 

 

シトロエン 斬新過ぎる車、内装も外装も異次元

 

 

これもシトロエン ナンバーがカバーの中に入っちゃってる変な車

 

 

カルマンギア あんまり萌えない

 

 

ホンダS600 ぷりてぃ

 

 

トヨタ800 空力が何たるかをはじめて考えた車らしい

 

 

ホンダ 良くわからない車ホンダだった

 

 

ギャランGTO 鬼塚エイキチ思い出す前にこっちを思い出そう

 

 

ダルマセリカ ワタナベホイールがセクシー

 

 

コレもなんだかわからない 日産かな?

 

 

一番好きなベレット

 

 

ホンダS800 ハッチバックってすごい

 

 

プリンス スカイラインになっていく車

 

 

スバル360 これは日本初の大衆車だったはず、とってもいい

 

 

フィアット500 いわずと知れたルパンの愛車

 

 

MGB これもハッチバックって珍しい気がする

 

 

カニ目 ミジェットだっけかな?これは復刻版もあるのでどっちかな。

 

 

キャデラック アメリカングラフティをもう一度見たくなる

 

これもよくわかんない アメ車なのはわかるけども

 

と言う感じでフェスをフェフってきました。

 

 

んで昼食。ランチパックではなくフォーラスのはす向かいのビルの2階のキャンパスと言うお店に行きランチしました。

 

頼んでないのに

 

 

しょっぱなにサラダとデザート、さらに利休並みのテールスープが出てきて、

 

 

メインがでてカニクリームコロッケで口内火傷しました。

 

とにかくこのお店何が素敵かと言うと、もちろんさらにドリンクも付いて880円でお得なのだけども、店員さんが皆さん何と言うか

 

工藤静香の全盛期みたいで、とっても目を引きます。是非行って欲しいです色々な意味でおいしいお店です。

 

コレももらったのでこちらも一緒に行く人募集です。こっそりメールください。

 

 

と言う事でいろいろ関係ないこともあるけども男の野営デュオこれにて完結。

at 00:10, ライジンガー, 男の野営

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(男の野営デュオ その2)

もうすでに酔っ払っているのでちゃんと日記が書けるか不安なので、まず最初に大事な事をお知らせします。

 

もうすぐ黄金週間です。黄金とか言うとそっち系の人かと誤解されますが、おなかが弱いだけなので心配しないでください。

 

その黄金週間に行われていたのが春芋煮。

 

数年前までやっていましたが、今年も何となくやりたいと思います。集え岩切生協!

 

ブランクがあるので改めてお伝えします、この春芋煮は芋を煮ません。まぁ震災直後に行った時は心がザワザワして芋煮しましたが、

 

その後は単純に世に言うBBQです。ゴールデンな休み、実際道は何処も込んでいて渋滞中の車内で膀胱はちきれんばかりになるよりは

 

近所の公園でBBQが良いんじゃない?と言う提案です。

 

基本的に参加の有無とか持ち物の確認とか不要です。食材はその時その瞬間まで何も準備しません。そこに何故なら集まった人で買い出しを行います

 

たまたまそのお店に居ると流されて参加することになる場合もあります。常に流動的です。

 

場所も前もって取っておくとかしません。全ては神のお導きってか、なる様になるって感じです。

 

なのできっちりした性格の人にとっては苦痛しかないイベントなのでそういう人は家でファミコンをお勧めします。

 

あと、雨もしくは曇天な場合に関してもおそらく楽しい思いは出来ないので、その場合も自己判断で参加、不参加勝手に決めてください。

 

とにかく朝起きて気が向いたら来て、気が向かなかったら来ないでください。臨機応変を養う場と考えるのが一番です。

 

 

と言う事で5月5日は岩切生協に間違って居てもいいんだからね、ツン

 

 

と言う事でつづき

 

モアタフ他のライブ配信はオレのフェイスブックで見れます。見たい人はクリックしてクイックリーしてください。

 

その後ウインナーを焼いたり

 

 

サバ焼いたり、

 

 

 

寒くてダウン着込んだり

 

 

牛タン焼いたり

 

 

肉をサラダ菜で巻いたり

 

 

 

した。

 

山の天気ってか気温の下がり具合は半端じゃなく、もう限界ラバーズなので室内へ、

 

 

ソバ焼酎のお湯割りで人生を語る。もちろん好きな女子の話もしました。

 

 

当然ストーブではあたりめをあたりめーに焼く。うまいこと言った

 

 

サービスショット

 

と言う感じで夜は更けていった。      ってかこの段階で7時ぐらいなのだけども。

 

 

ダメですもう眠いのです、また続きます。グンナイ

 

 

 

at 00:12, ライジンガー, 男の野営

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(男の野営デュオ その1)

男の野営、それはかつてこの地で猛者共が一同に介し、様々な苦行を乗り越え翌朝には勝利と言う二文字をこの手につかむ為の

 

夢と希望の物語だ、

 

しかしすでにそれから4年の歳月が過ぎ去り、奇しくもワールドカップの年にその物語は伝説となった、

 

がしかし、去年の11月男の「男の野営ソロ」を強行したharoは思った、我々にはまだ何かやらなければならない事があるのではないか?

 

あの伝説を今ここから重たいネジを回し始めた、しかしそのネジは決して簡単に回るものではなく、いまだ錆び付いている、

 

そして去年の忘年会「男の野営ソロ」からリハビリとしての「男の野営デュオ」を提案、その意気込みに感化されたのがダリーその人だ。

 

彼は計8回行われた男の野営に6回もの参加暦がある、やはりデュオという危険かつ過酷な関係上、やはりベテランにその大役を頼むしかあるまい

 

意気投合した男たちは、雪解け、年度末の仕事をクリアーし昨日決行してきました。

 

 

数日前オレのアイホンによる天気予報は雨90%・・・

 

ダリーに「当日、90%雨のようですが見えますか?」とメールすると「オレには見えません」と返事が来ました。そうそれでこそ男の野営

 

1年目は難なくクリアーした男の野営、2年目に試練が待っていましたその日は車のワイパーをHighにしなければならない程の大雨

 

普通の感覚であれば中止です。そもそも何の予約もしていないし誰に迷惑が掛かると言う訳でもありません。各自家でファミコンして過ごせば

 

それで何の苦労も苦痛も受けずに済みます。

 

だが参加メンバーに大雨の状況をメールすると、誰一人として中止と言う言葉が出ずに、「雨?降ってる?オレには見えないけども」とか

 

「雨とか良くわかりません」とか「雨?関係ない」

 

とか言う頭悪い返事が返ってきて、大雨であっても予定していた全てを行ったのでした。ビアサーバー設置、外でBBQ等々、大雨のなか

 

びしょぬれになりながら粛々と予定していた全てを屋外でやり続けたのでした。

 

そして翌朝6畳間の小屋の扉を開けると太陽の光が雲の隙間から降り注いでいて「何かわからない、きっと形にはならない何か」

 

それに勝利した事を参加メンバーは確信したのでした。

 

 

それからの6回は当然何が降ろうが何が起きようが、あの悪夢のような大震災が起きようが決行していました。

 

そしてその回それぞれにドラマがありましたが時間も無いので割愛させていただきます。知りたい人は右のcategoriesで男の野営を選んで見て下さい。

 

 

 

という事でそんな歴史を感じつつの男の野営デュオ、その精神は今なお脈々と息づいていた。

 

午後2時ダリーを迎えに行く、が予定より20分ほど早く到着「ロックは5分前行動」が基本だけども20分前行動はどうだろうか?

 

と思ってメールすると。「了解」の文字準備万端でストレッチして待っていたようだった。

 

 

ランデブー成功、早速買い出しへ。前回のソロでの反省点、割と食べられない年齢、というのも考慮し適切に食材をチョイスする

 

アルコールもしかり、もうあれから4年の歳月が過ぎています。オレも大人です毎回二日酔いで吐いたり頭痛が痛くて、うだうだ横になる

 

汚いみのむし、そんな朝を迎えてはそれこそリハビリとしては最低です。

 

やはりスマートに勝利の朝を迎え撃つには、暴飲暴食はNOです。基本はウインナーでウイナーになってスーパードライでドライドライして

 

理屈じゃないとか言って、焚き火でマシュマロを焼く、そんな感じをイメージしていましたが、

 

結論から先に言うと寒くて雨で、タープの下で焚き火したらマシュマロの前にタープ燃えるわ!と言う感じでした。

 

本来行っていた男の野営は6月で、今回のデュオは4月、この2ヶ月の差はこの野営の聖地である泉が岳の麓では、まだ春遅し、と言う感じで、

 

ウインナーを食べる頃には吐く息が白かったです。

 

 

聖地到着後曇天の中タープを張る。古いタープなのでなかなかの手間です。

 

火をおこす。今回はちょっとゴージャスにオガ備長炭を購入。火持ちが良いらしい、4年の歳月が炭も備長炭に変えるのです。

 

まぁなんだかその炭が思いのほか安かっただけだけどもな、フッ

 

 

明るいうちに寝床作成。今回エアーベッドを投入。こんな床にじかに寝たら体温全て持っていかれます。セーフティゾーンとしての采配です。

 

 

乾杯。まだ雨は降らず、4時ウインナーから攻めてフォルモン、金華サバ、豚バラと金字塔を歩む

 

 

ランタンの火が灯る頃、ダリーオンステージ、右下のゴミ袋とのコラボが熱い。そして曲は「モアタフ」そんなに強くなられてもなぁ・・

 

と思いつつも1人客として堪能。

 

しかし4年の月日はハイテクも変わります。なんとフェイスブックではライブ配信と言う機能が追加され、こんな所でのオンステージを

 

配信しました。演者ダリー、撮影者オレ、と言う事で観客はゼロでしたが、雨の降る前の山々にこだましました。

 

 

と言う事でそろそろ限界なので寝ます。つづく

 

at 00:36, ライジンガー, 男の野営

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(さくら)

こんばんは。仙台にもサクラの便りが届きましたね。ポストに入ってました。

 

皆さんはサクラというとどんな定番ソングを思いましますか?それとも寅さんの妹の賠償千恵子を思い出してソングとか思い浮かべませんか?

 

オレの定番ソングはやっぱりコレです。

 

 

アメージングです。

 

 

グランデーマスターの称号を頂いてからもう数10年が経ちますがその間にも、サクラをはじめ他の木々たちも立派に育ちました。

 

 

 

 

白いのはこぶしと言うらしいです。こう右手を握って演歌を歌うわけではなく木の名前なので、その右手はそっとポケットにしまって下さい。

 

そそ日曜日に仕事が薄くて幸も薄いので、岩沼につけめんをために行って来ました。「うまづら」と言って店主がうまづらだからと言う理由で

 

安直につけた店名のお店、もう何回か行っているのですが石焼鍋につけ麺の汁が出てくる、つけ麺の弱点を上手に補った美味しいつけ麺屋さんです。

 

美味しかったですカレー。

 

 

行ってみたら激込み、花見客が4号線を南下していたようで、思いのほか時間が掛かり予定より遅れて12時ジャストに着いたら、

 

長蛇の列が出来ていたので、仕方ないので他のお店に行こうとしたのですが、やはりここで別のお店で麺類を食べてしまうと負けの感が否めません

 

特にチェーン店はこの場合OUTです。

 

なので良くわからないインド人のお店のカレーを食べました。これが食べたかったんだ。辛口を注文したら辛くてナンとカレーの割合の調整が

 

うまく行かず、カレーが余ってしまいました。でも安心してください。ナンがおかわりできます。

 

ナンをもう一枚注文すると、今度はカレーが足りなくなりました。最後には冷えたナンのみを食道に水で流し込むと言うフードファイター

 

小林尊のニュータイプスタイルで乗り切りました。

 

満腹になりすぎたので、あんまり寄り道せずに帰りました。

 

 

あと今日は天気がブルースカイだったので畑を耕してきました。お隣の畑の前田さんに手間が掛からない野菜を聞いたら、さつまいもと

 

言われたので、今年の冬は「自分でポテリン」を合言葉にまさに、自分で植えて自分で焼いて自分で食う、オレの、オレによる、オレの為のポテリン

 

を決行使用かと思います。去年はイノシシにジャガイモを2度もやられ心が折れたエンジェルになったのですが、今年はイノシシ対策万全に

 

セーフテイ農園として精進していきます。

 

 

そして、今週もうひとつのこの地での戦いもリハビリ的に始動します、乞うご期待。

at 00:05, ライジンガー,

comments(0), -, pookmark

haro君の日記(センキューロッケンロー2)

こんんばんは。 ん が一個多いです。

 

つづき

 

って何書いたのかよっぱで覚えていないので読んできます。・・・・・・しばらくおまちください、

 

 

うん、そうでしたガイーンまでですね。時間に余裕があったので急遽増やした短めの曲グッテイグッダイを演奏すると、7時20分からという情報を

 

信じてやまないお客さんも居て、後から「時間通りに来たのに始まってた」と言われました、でもそんな夜もたまにはあるんです

 

5分前行動それがロックです。

 

その昔、タモリの音楽番組でロシアの女子グループ、タトゥが生放送で楽屋から出てこなくて、急遽ミッシェルガンエレファントが

 

その時間を埋める為演奏したのが伝説となった事もあるので、まったく関係ないですが、ロックに生きるには基本5分前行動をお勧めします。

 

と言う感じで演奏が始まると、こっそり某仙台のキュラソーという某バンドに所属する某ドラマーY川君が入場してきました、

 

数日前の練習スタジオでY川君の大阪転勤のニュースが飛び込んできて、メンバー一同ハラハラしていたところだったので、思わず「Y川君だっ!」

 

と叫んでしまいました。今夜大阪へ旅立つ忙しい時に顔を出してくれた、ビートルズも演奏していた彼に、たまたま2曲目に練習していた

 

ビートルズの曲をプレゼントしました、欲しくないかもしれませんがとっといでください。プレゼントとはそういうものです。

 

ライブの途中のMCでは松島パークフェスティバル出演の告知を「実は今日、重大な発表があります・・・」とかもったいぶったりしましたが

 

居酒屋で相談した予定調和です。

 

 

ライブが終わると初めてライブハウスにアマチュアバンドを見に来てくれたお客さんに花束をもらいました。なかなか無い事なので

 

ちょっぴり動揺しました。動揺しましたが今は茶の間に飾っていますありがとうございました。

 

 

んで打ち上げ。18名ぐらいでだんまや水産で打ちあがりました。なかなか危険な写真を後日送られてきましたが、ちょっとここにupするには

 

様々な問題が発生する恐れがあるので控えます。

 

飲みながら向かいの席の人から「GREYさんって凄い動いていますけど何歳なんですか?」と聞かれているGREY君の返事を聞いていると

 

自分が何歳だかわからない、そんな事になっていました。痴呆の進行が疑われます。

 

さらにGREY君「えーと、うん?昭和、何年?えーとオレ昭和71年生まれだから、」とか言って、「昭和は64年までです」と訂正され

 

ヤスギャグパワー全開で今年も満点でした。

 

そのあとはカラオケにも行き「翼の折れたエンジェル」とドリンクバーを堪能しました。

 

 

はい、まとめ。去年の年末に行ったライブと同じ場所だったので、お客さんもちょっと飽きてきているかな?と思ったのですが、

 

今回はまた違った楽しさがありました。年度末の忙しい時期でしたが沢山の方が足を運んでくれて、嬉しかったです。感謝です。

 

 

次回は松島パークフェスティバル駅で下車しますので、お暇がありましたらまたご参加ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 23:49, ライジンガー, バンド

comments(0), -, pookmark